2020年02月11日

「Twitterを更新する」「Webサイトに遊びに来てください」とか、なんだろそれ。

昨日、「ブログを更新する」という言葉を書いたので思い出したのですが、よく「Twitterを更新する」とか「Webサイトに遊びに来てください」とかいう言葉を目にしたり耳にしたりすることが多くなりました。

なんとなく、Twitterって「更新する」という言葉が似合わないような気がするんですよね。

それと「よろしかったら、Webサイトに遊びに来てくださいね」って、どういうことなんだろうな。
Webサイトって、遊びに行くところなのかな。

bio_100%みたいに、Webサイトを訪れたら(Flashが入っていれば)ゲームで遊べるとかならまだしも。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2020年01月20日

なぜだかGmailのメール誤送信防止機能が役に立つ。なぜか送信ボタンを押した後に間違いに気づく

何故だかよくわからないけど、「送信」ボタンを押した後に、メールの内容に間違いがあったことに気づくことがあります。

日付に対して曜日が間違っていたり、添付ファイルをつけ忘れていたり、送り先のメールアドレスを間違えていたり。

メールの「送信」ボタンを押す前に、内容やメールアドレスに間違いがないかをさんざん確認したはずなのに、なぜか「送信」ボタンを押した直後に間違いに気づく。

これって自分だけなのかと思ったら、Gmailとか、あるいは別のメールクライアントのプラグインとかでもそういった機能がついていたりとかするので、多くの人間に共通することらしい。

実際に仕事でこの機能に助けられたことが何度かあったりする。
この体験は多くの人に共通することらしい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2020年01月04日

今でもたびたび思い出してもらえるのはうれしいが、単発の誤検知でINASOFTっぽいはちょっと違う

先日、「これってINASOFTがウイルスバスターにやられた件と類似の事象ではないか」みたいな形で、SNS上等で誤検知事例が紹介されていることがあるのですが、どれもほとんどが単発の誤検知の発生について述べているだけなんですね。

あの事件が発生したのは2012年4月で、解決が2014年1月。
解決から6年、発生からだと7年半以上経過していて、今でも思い出してもらえるというのは、なんともむず痒い感じではあるのですが、ちょっと言いたいことが。

単発の誤検知の発生を指して、INASOFTがウイルスバスターにやられた件と類似の事象と言われてしまうのは、ちょっと違う。

あの一連の事件というのは、トレンドマイクロ社から提出された顛末書は、トレンドマイクロ社の持つバックエンドプログラムの不正により、不正確な判定が高頻度に繰り返されていた「連続誤検知」です。

また、サポートスタッフの対応も混乱に拍車をかけた「人災」の一面もあります。
単発の誤検知も、冤罪被害者にとってはそれはそれで労力がかかるものではありますが、連続誤検知+人災でかかる冤罪被害者の労力はそれをはるかに上回るものです。

せめてそれくらいまで一致したら「類似」といってもよさそうな気がします。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット