2018年02月01日

RaspberryPiでホームカメラを作っているけど……iPhoneのスリープを一時的に防げないかなぁ

去年はRaspberry Piを知ったことで、だいぶ豊かな生活を送ることができたと思っています。
精神的にも、実利的にも。

自宅に常用するLinux機があると、家にいて普通にsudo mountするし、sudo fsckするし、sudo mkfsするし、今まで一生に数回有るか無いか?と思っていたコマンドをバシバシ打つことが出来て、なんだか幸せを感じることができます。精神的な豊かさとはこれのこと。

ところで、今困っていること。
Raspberry Piには別売りのカメラモジュールを付けることができるので、赤外線カメラと赤外線LEDを駆使して、暗視カメラを作ることができます。これをホームカメラにしています。配信は家庭内LAN限定のWeb(HTTPS)で。

iPhoneのSafariからカメラの映像を見ることができるわけですが、iPhoneは数分するとスリープしてしまうんですよね。
一瞬画面が暗くなったところをタッチすればスリープを防げますが、主に料理/洗い物をしているときだったりするので、気軽にタッチできる状況でないこともあったりする。
「設定」からスリープをさせないようにすることはできますが、その設定を戻し忘れることがあって、無駄に電力消費をしてしまったりする。

あくまでそのWebページを表示している時に限って、一時的に、スリープを防ぐ方法があればいいんですが……、JavaScriptとかで、そんな機能があったりしないですかね。
まぁ、専用のアプリを作ってしまえば、そこら辺の制御はできるんでしょうけど、自分の家庭内だけで使用するアプリを作ってAppStoreに登録して、手数料を払い続けるというのも、なんかバカバカしい。

何かWebページの技術だけを使ってできる、良い方法はないものか…。




posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | スマホ

2017年12月09日

ついさっき思い出した。2歳児にスマホを渡したときに起きたこと

先日、うちの2歳児がYouTubeを見たいということで、退役スマホ(以前に自分が使っていたiPhone5sで、SIM抜いてリセット済みのもの)を渡し、いつものようにSiriにタイマー10分をセットさせて渡したわけですが、なにやら全然違うアプリを起動していました。

んで、流れてきた曲は、どっかで聴いたことのある曲。
「♪踊れ〜、踊れ〜」と。
多分、夜間のアニメで。

これでした。
CB8F64C5-06CF-4B48-A7D5-6D8BA645DB5E.jpeg
▲MY舞☆TONIGHT/Aqours

どうやら、退役スマホにはラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)を入れているようでした。
しかしながら、ゲーム本編でシャンシャン遊ぶ様子は全くなく、メニューから画面をあちこち回って、ログインボーナスやら、各種イベント(たぶん、うらラジの何か?)やらで、石をゲットして回るかなんかして、そこで10分経過してスマホ時間終了。

よく分かりませんでしたが、2歳児にとっての、スマホゲームの楽しみ方って、そんなもんなんですかね…。


posted by ayacy at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ

2017年12月06日

iOS11になってから、Wi-FiをオフにするのもBluetoothをオフにするのも面倒くさくなったので…

iOS11になってから、コントロールセンターからWi-FiをOFFしたりBluetoothをOFFしたりすることができなくなりました。

コントロールセンターからのOFF操作は、一時的にこれらの機能を使えなくするだけであって、例えば節電効果はないとのこと。完全OFFにするには、「設定」アプリからOFFにしなければならないそうです。

メンドイ。
メンドクサイ。

何か、簡単にON/OFFする方法はないものかと考えてみたところ、Siriに頼んでみたら簡単なんじゃないかと思い、「フルートゥースをオンにして」とお願いしてみたところ

IMG_4155_s.jpg

ONにしてもらえました。同じように「ブルートゥースをオフにして」とお願いすれば、Bluetoothが完全OFFになります
やった!これは簡単な方法を思いついたぞ!

…と思って、昨日朝、会社に着いたときにやろうとしました。

朝の会社はシーンと静まりかえっていて、日中のうるささを避けるために早めに出勤したであろう人達がすでに仕事をしており、とてもとても、「おはようございます」以外の声を出せる感じがしない。

こんなところで、
ヘイSiri! ブルートゥースをオフにして!
はい、Bluetoothをオフにしました。」
なんて声が聞こえてきたら、なんか目立ってしまいそう。

これ、満員電車の中で、ふとBluetoothをONにしたりOFFにしたりしたくなって、Siriに音声で依頼するのも、相当な勇気が必要ですよね。

自宅で一人でいるときならともかく、周りに人がいるときに声で指示をするのは、かなり勇気が必要ですね。
簡単だけど、あまり気楽な方法では無さそうです。



posted by ayacy at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ