2017年02月25日

電話を掛けると4G通信が3G通信に切り替わる

実は当たり前なんだけど最近気づいたシリーズ。
知人がふと、スマホの表示が、電話を掛けたときだけ4G(*1)から3G(*2)に切り替わる怪現象に出くわしました。

(*1)4G … 第4世代通信技術。通信速度は100Mbpsまで。本来LTEは3Gから4Gへの間に位置する技術であったが、LTEを4Gと呼称するキャリアが増えたため、LTE=4Gと考えておけば、だいたいOKみたい。
(*2)3G … 第3世代通信技術。通信速度は数Mbps〜14Mbps程度。DocomoのFOMAなどで使われる。


これはなんでだろう?なんでだろう?そういえば最近、音声の聞こえ方が悪くなった気がする…と慌てふためいたわけですが、そういえば、電話を掛けるときは電話機を耳に当てているので、普段どのような表示になっているのかを気にすることがないんですね。

別のスマホで試したら、そちらも普通に4Gから3Gに切り替わりました。
あれ?と思ってネットで調べたら、同様の悩みをお持ちの方が多数いらっしゃいました。

どうやら、4G(LTE)というのは、元来データ通信専用であって、音声通話は3Gで行われるのが普通のことのようですね。
最近、音声の聞こえ方が悪くなった気がしたのは、気のせいか、別の要因によるものだったようで。

4G(LTE)での音声通話技術はVoLTE(ヴォルテ)というそうです。この名前は聞いたことがあります。
VoLTEは世界的にはまだ実験段階の技術ですが、先行してサービス開始されており、別途申込みすれば使えるようになるそうです。
VoLTE同士の通話であれば高音質になるし、通話中のデータ通信が高速(3Gに落とさずに済む)になるとのこと。
ただし、別キャリアへの通話では、たとえVoLTE同士であっても高音質にはならない(データ通信は高速)など、まだまだ発展途上の技術みたいですね。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ

2017年01月27日

最近、radikoのおかげでラジオを聞くようになってきた

最近、自分の生活様式に大きく影響を与えたスマホアプリといえば、radiko.jp があります。

IMG_1986.JPG
(画面はスマホアプリ版ではなく、PSVita版のradiko.jp)

自分が18歳くらいの時は、土曜日の深夜(土曜日23:00〜日曜日3:30)に、文化放送をよく聞いていたものでした。
19年前のことになります。もう、人生の半分よりも前の出来事。

一浪して大学に入学して以降、定期的にラジオを聞くことはなくなってしまったのですが、最近再び、ラジオを聞くことが多くなってきました。
radiko.jpのおかげ。

電車に乗っているとき、スマホをいじることがありますが、画面をじっと見ていると気持ち悪くなって来ちゃうんです。
画面を見なくても情報を得たいとなると、耳を使うしかないわけですが、radiko.jp がピッタリでした。

ちょうど出勤時間帯に伊集院光さんの番組が放送されていたり、帰宅時間帯に荻上チキさんの番組を放送していたり、なんとなく落ち着けるんです。
ちなみに、伊集院光さんの番組は8:30〜11:00なので、最後まで聞くことはできないのですが、タイムフリー再生ができるので、後からでも聞くことができるのが良いですね。
テレビとは異なり、ラジオでは、後から聞くためのインフラがこういった形で提供されているのが素晴らしい。
僕の中では最近、テレビよりもラジオが優位になってきているかも。

ただ、タイムフリー再生をしていて、たまにアプリが落ちることがあるんですよね。スリープと再開を繰り返しているからか。
何分頃まで再生したのかを覚えておかないと、続きを聞くために何度もシークを繰り返さないといけない。そんなことをしているうちに、またアプリが落ちる。

ちなみにiPhoneでアプリが落ちる場合、Windowsみたいに「落ちました」エラーダイアログが出るわけではなく、無言でホーム画面に戻るんですね。ちょっとビックリします。

ここらへん、もうちょっと安定してくれたら、うれしいです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ

2017年01月11日

狙われるのが人気コンテンツの定め

少し前、ソフトウェアのダウンロードサイトに、ダウンロードボタンを装った「ダウンロードボタン風の広告(ニセのダウンロードボタン)」が設置されてしまう詐欺が、後をたたなかった時期がありました。

当サイトでも、GoogleAdsと通してそういった広告が表示され、ブロックをかけても別IDで出稿されまた表示され…という、イタチごっこを繰り返されていた時期がありました。

GoogleAdsで対策が立てられたのか、あるいはそういった詐欺では儲からなくなりブームが来過ぎたのかはわかりませんが、最近はそんな広告は見かけなくなりました。

ただ、ニュースによればオレオレ詐欺は後を絶ちませんし、詐欺まがいのウェブサイトはどんどん増えているし…と、インターネットは詐欺で溢れていますね。インターネット上が自由な空間なのも時間の問題でしょう。

で、先日はTwitter上で、こんなプロモーションが上がっていました。

IMG_1904.JPGIMG_1903.JPG

公式と名乗ってはいても、プロモーションと書いてはあっても、URLはメチャクチャなので気づきそうなもんですが、騙される人は騙されるのでしょう。
平然とこんなのがプロモーションとして表示されてしまうのだから、Twitterも怖いです。

常に、それが詐欺かどうか見極めないといけない。
情報を見極める技術をどう身につけていくか。
相手は騙しのプロですから。
これからはそういった能力が、全てのインターネットユーザーに求められますね。






続きを読む
posted by ayacy at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ