2017年04月10日

しんちゃんアニメ映画をレンタルしてきた…映画館を出る大人の呆然とした顔が思い浮かぶ

昨日、涼宮ハルヒの憂鬱のDVDをレンタルしてきた件を書きました。その時に、いっしょに、クレヨンしんちゃんのアニメ映画もレンタルしたのでそのことを書こうかと思いまして。

そういえば昨日は書き忘れましたが、涼宮ハルヒの憂鬱の第1期は、放送順が時系列に沿っておらずバラバラという問題があったらしいですね。「らしいですね」と他人事のように書いているのは、僕自身はリアルタイムでは観ていなかったからです。
2006年の4月〜7月は、会社都合で出張していたので。

2006年4月3日(月)、いつも通りに出社すると、新任の課長から呼び出されて、「ちょっと今から、南の方に行ってきて。2週間・・・たぶん1週間くらいで終わるから」と、唐突に当日出張することになりまして。行くと「今から夜勤して」と言われて、そのまま4ヶ月間、夜勤生活しました。軟禁生活と言っても良いかもしれません。休みは月1回。出勤時間は18:00〜翌11:00。
残業時間は軽く200時間を越えていたので、今だったら、労基署に駆け込めば大問題になっていた可能性がありますね。きっと。

まぁ、SE業界は残業300時間という人もいるらしいというウワサを聞いたことがあるので、そういった諸先輩方には及びませんけど。
上には上がいるので、上を見たら切りが無いです。とはいえ、過労死ラインをダブルスコア・トリプルスコアで越えるのは、自慢していいことではないです。なので、これは自虐です。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年03月31日

感動するクレヨンしんちゃんの映画を初めてじっくり観た

アニメとしては、ドラえもんの後の時間帯に放送されている子供向けアニメな「クレヨンしんちゃん」ですが、原作は大人向け雑誌に連載されていたものだったりしますね。ただ、映画の「クレヨンしんちゃん」は、大人向けとしても十分濃厚なストーリーを備えていると言われていることが多いようです。

映画の「クレヨンしんちゃん」のうち、戦国時代にタイムスリップしてしまう作品と、とーちゃんがロボットになってしまう作品は、特に評価が高いとか。

戦国時代にタイムスリップしてしまう作品については、感動するという話はよく聞きますし、(登場人物はアレンジされていますが)実写映画にもなっているとも聞きますし、途中〜最後のシーンは見たことがあります。ただ、最初から観たことはない。ってか、じっくりと腰を据えてみたことがない。

というわけで、気になったため、レンタルDVDを借りてきて観ることにしました。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年03月29日

今度は何度でも観られる、シン・ゴジラ。

シン・ゴジラのDVDレンタルが開始しており、早速借りて観ることにしました。
IMG_2377.JPG

ローマ字表記にするとは、なかなか面白い。

映画公開当時、1回は観に行きました。
非常に面白かったため、できれば当時の流行に乗って、何度か観に行きたかったのですが、そんなにブルジョアな生活はしていませんので、何度も見に行くことはできず。

でも、Twitter上の情報とか、まとめサイトの情報を見ていると、何度も観に行きたかったなぁ。
DVDなら何度でも観られますね。とりあえず、2回目を観ることにしました。日本語字幕付で。

なるほど、冒頭では前田敦子が普通に出ていますな。
なるほど、あのセリフもこのセリフもかっこいい。
なるほど、スマホに映る家族写真を観ている人もいる。
なるほど、バスの中から逃げ惑う人々を見ている運転手がいる。
なるほど、家電量販店のテレビで、多くの局がニュースを流す中、一つだけアニメを放送しているチャンネルがある。
(そのアニメは、庵野監督の奥さんが描いたものだとか)
なるほど、手話通訳の人がガオーって、なってる。
なるほど、自衛隊員の「オクレ」は「送れ」だったか。
   :
   :

「攻撃だけが華じゃない。住民の避難を急がせろ」というかっこいいセリフを言っている自衛隊員が、ピエール瀧さんだったことを知ったのは、つい最近のことです。
アナ雪でオラフの声もやっていたわけで。
多彩ですね。


続きを読む
posted by ayacy at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画