2020年10月23日

「未知との遭遇」をようやく観ることができました。高度な知的生命体との会話かぁ。

先日レンタルしてきた「未知との遭遇(CLOSE(接近) ENCOUNTERS(遭遇) OF THE THIRD KIND(第三種))を、観ることができました。

202010_michitonosogu.jpg

これまで、最後の方に音階言語でやり取りするシーンや、子供が帰ってくるシーンは、チラッと観たことはありましたが、全体としてしっかり見たのは初めてでした。

公開は1977年。自分が生まれる2年前の作品なわけで、当時から、様々なアイディアを駆使しての映像技術ってのは、やっぱり凄かったんだなぁ、と。

ストーリーとしては、詳細が解説されることがないまま進むのに、なんとなく感動できるようにできてるというのは、スピルバーグ監督の天性の才なのかもしれません。

そういえば、2001年宇宙の旅の最後の方とかもそうだが、未知の知的生命体とのコンタクトなんてのは、やはりこんな感じで、凡人には理解が難しいように見えるけど、感覚的にはなんだか感動できるような感じなんだろうな。

「2001年宇宙の旅」なんかは、そもそも、最後のスターチャイルド云々なあたりは、人間に理解できるように作っていないという話も聞いたことがあります。キューブリック監督がそういっていたんだったか。高度な知的生命体…というか、自分たち人類以外が考えることなんて、理解の範疇の内にあるとは思えませんからね。

この映画も、そんな感じのところがあるのかも。

あと、「E.T.」と「メッセージ」(Arrival)を借りられたんで、近いうちに観たい。
E.T.」は、最初から最後までしっかり見たことはあるのですが、あまりしっかりと記憶に残っていないので。
メッセージ」は、全く見たことがないですけど、宇宙人とのコンタクトモノということで。訳の分からなさに感動を味わえるかな、と。

202010_et_sp.jpg202010_arrival.jpg

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年10月21日

先週見た夢と、スピルバーグ監督の宇宙モノの映画を借りてきた話

そういえば、まだしっかりと観たことはなかったなと思い、スピルバーグ監督の「未知との遭遇」のDVDを借りてくることにしました。

202010_michitonosogu.jpg

原語でのタイトルは「CLOSE(接近) ENCOUNTERS(遭遇) OF THE THIRD KIND(第三種)」ということで、「第三種接近遭遇」というタイトルなんですね。

地球外の知的生命体の乗る宇宙船を間近で観察できることが「第一種」接近遭遇。
地球外の知的生命体の乗る宇宙船の影響が、何らかの形で地球上の人やモノに影響を与えることが「第二種」接近遭遇。
地球外の知的生命体と、知的なコンタクト(搭乗員との接触)をとる段階が「第三種」接近遭遇なんだそうで。

これを借りることになったきっかけは、ふとしたことで、E.T.(同じくスピルバーグ監督の、宇宙人の子供と地球人の子供の心の交流を描く、自転車に乗って空を飛ぶアレですね)に出てくる宇宙人のことを聞いたことがきっかけ。

E.T.に登場する宇宙人は「野菜型宇宙人」なんだそうですね。いや、サイヤ人とかそういうのではなく、「植物の実」の部分が知的に進化した植物型人間なんだそうで。地球の重力は重いので、地球上では常時しゃがんだような体勢を取っているのだとか。

で、そのことを聞いた翌日に夢を見まして。

自宅の台所に「テヅルモヅル」が忍び込んでいて、排除しようとしたら、しゃべりだしたんです。
「実は自分は、この家に住む女の子と仲良しで、いっしょに遊んでいたんだ」とか。

実は彼(?)は、「テヅルモヅル型宇宙人」であり、人間の形に変形することができて、人間の子供と心を交流したり、遊んだりすることができるのだとか。

うーん、我が家の長女(小2)が、宇宙人とコンタクトをとり、そんな秘密を抱えていたとは!と思ったところで、目が覚めました。

なんでよりによって、テヅルモヅルだったんだ…。

というわけで、E.T.を借りようと思ったのですが、E.T.が貸出中になっており、仕方なく、まだしっかり観たことのない、第三種接近遭遇こと「未知との遭遇」を借りることにしました。

今度は、E.T.も借ります。
あと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画「メッセージ」(Arrival)(こちらは「ばかうけ型宇宙人」?)も借りておきたい。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年10月07日

今さらながら「スタンド・バイ・ミー」を観たり。結局死体は見つかるかどうかも知らなかった

先日、紅の豚のストーリーをしっかり思い出せないので、改めてちゃんと観てみた話を書いたわけですが、同じように記憶がモヤモヤになっている作品で「スタンド・バイ・ミー」があって、「結局、線路を辿って行った先で、彼らは死体を見つけたんだったか?」ということが分かっていないことに気づきました。

というわけで、改めて観てみました。

おお、どうやら、僕は一度もしっかりと「スタンド・バイ・ミー」を観たことがなかったようです。
実際見てみると、死体を見つけるのが本質ではなく、少年たちの心の動きの話がメインですよね。まぁ、ストーリーのある映画なんだからそうですよね。
そういえばこの時代は、子供がスパスパたばこを吸うのが当たり前だったんですね。今の時代の、堅い人が見たら、「現代の価値観に合わせて撮り直せ」とか言い出しそう。

途中、水の中でヒルに付かれるシーンが合ったのですが、なぜかそこだけは観た覚えがありました。
どうしてだろう。
スタンド・バイ・ミーのワンシーンだとは思っていませんでした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画