2020年08月09日

「月」を数値で意識しない米国では、どうやってコンピュータで「月」を入力するんだろう

日本では、「1月、2月、…、12月」と、月を数字で入力します。一方、英語では「January, February, …, December」と、月を文字列で表します。
(一方で、中国語では、曜日すら数字で表すそうですが、まぁそれはさておき)

日常的にそうやって扱っているものをコンピュータに入力しようとしたとき、どうするのが一般的か、みたいなことを考えることがあります。

日本語であれば、年も、月も、日も、全部数字なので、テンキーからパパパッと入力するかと思います。
英語であれば………、現代のWebインタフェースであれば、プルダウンで「January, February, …, December」の選択肢を表示して、マウスorタップで選ばせる(キーボードでも選べる)といったところでしょうか。


で、ふと思ったのですが、バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画の中で、デロリアンに年月日を入力するとき、どうやっていたんだろう?と思いました。

映画の冒頭で、ビデオ記録を取るという名目の元、ドクがマーティにタイムマシンの使い方を説明します。
これがあったおかげで偶然にも、マーティは、タイムマシンを操ることができたと考えると、よくできた脚本ですね。

ドクの解説によると、「まず、タイム回路のスイッチを入れる(First, you turn the time circuits on.)」と目標の時間(Destination Time = this one tells you where you're going)、現在の時間(Present Time = this one tells you where you are)、出発の時間(Last Time Departed = this one tells you where you were)の3つが表示されます。

202008_bttf1.jpg

このうち、「目標の時間は自由にインプットできる(You input your destination time on this keypad.)」ということで、ここへ、年月日を入力する必要性が生じます。

たしか、デロリアンのコンソールにはテンキー(keypad)が付いていて、各キーにはピポパポと音程がついていて、役者が次々「数字」を次々入力していっているんだろうなということが分かります。
(映画の前半では、キーそれぞれに音程が付いているようですが、映画の後半では、キーを押すたびに音程が上がるような演出になります。統一されていない!)

が、月を入力するときはどうしているんだろう?役者の手元は、入力時はあまりフォーカスされていない気がする。
合衆国の独立宣言調印の日(Say you wanna see the signing of the Declaration of Independence.)のときに、「776」と入力しているようなのですが、月をどう入力しているかは分かりません。
(AM, PMも、どう入力しているのかはよく分かりません)
202008_bttf2.jpg

キリスト誕生の日(witness the birth of Christ.)では、「250000」と打鍵しており、月を入力するときにどうしているのかはわかりません。
202008_bttf3.jpg
ちなみに、年に0000と入れますが、年って1 basedな数値だった気がするんですけどね…。まぁ、紀元前1年を表すために0000を入力しなければならないというインターフェースなのかもしれません。

でも確か、ユニバーサル・スタジオで、デロリアンが登場するアトラクションでは、恐竜時代(紀元前6500万年よりも前?)に行っていたようなので、マイナスの値をどのように入力したのかは気になるところ。

もしかしたら、テンキーのそれぞれに「January, February, …, December」が割り当てられている(電話みたいに「#」とか「*」キーがあるのかな?)とも思ったのですが、どうもそうでもなさそう。

202008_bttf2.jpg

うーん、どうやっているんだろう。

「数字2桁を、月の英語名に自動変換する仕組みがあるのでは?」という意見も見かけたのですが、「January=1, February=2, …, December=12」という置き換えが自然に思い浮かぶのって、我々が月を数字で呼ぶ民族だからなのかもしれません。一部のプログラミング言語では、「January=0, February=1, …, December=11」だったりしますしね。
(もしかして、9月から新年度が始まるから、September=1だと思っている人もいたりして?)

我々が曜日を数字に置き換えようとしたときのことを考えると、月曜日=1とするか、日曜日=1とするかで意見が分かれそうですし(もしかしたら0から始めたいと思う人もいるかもしれませんし)。

このあたり、英語を使う文化の人々がどういう考えなのかは知りたいですね。


あと、シリーズによって、テンキーが、運転席の下についていたり、上についていたりする気もする。どっちなんだろう。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年06月26日

タイムマシンが出てくる話で、昔から気になっていたマンガの話

本日は、金曜ロードショーで「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」が放送されます。
なので、タイムマシンに関連した話を一つ。

タイムマシンが出てくる話で、昔から気になっていたマンガがありました。
週刊少年ジャンプに1991年から4年間連載されていた、「アウターゾーン」(作:光原伸)です。
たまに、ちょっとエロティックになるやつですね。

このマンガが連載されていた初期の頃は、我が家では週刊少年ジャンプを購読していませんでした。
(後半の頃には、「ドラゴンボール」(作:鳥山明)をいち早く読みたくて購読するようになっていました)

ただ、購読はしていなくても、近所の病院の待合室に置いてあったのを、たまに見たりしていました。
たまに見たストーリーの中に、タイムマシンが出てきていたんです。

ディストピアな未来を描いた話で、その中に登場する「大佐」は、タイムマシンを意のままに操って、敵対する国を攻撃していました。
忍び込んだレジスタンスの女性が逮捕され、あわや拷問を受ける…というところで、タイムマシンを開発した博士に助けられます。
で、博士が言うには、このまま大佐の意のままになるのは嫌なので、タイムマシンで過去に戻って自分を殺してほしい、と。

レジスタンスの女性は同意し、タイムマシンを使って過去に戻りますが、大佐に感づかれ、攻撃を受けてしまう。レジスタンスの女性は攻撃を受けつつもタイムマシンで過去に戻る。でも、攻撃を受けたショックで、記憶を失い、自らの役割が何だったのかを忘れてしまう。

大佐は博士の目論見に気づき、自らも過去へ向かう。
レジスタンスの女性は、過去の博士と出会い、「これがターゲット」と示された写真を持っていたために、保護してもらう。
大佐はレジスタンスの女性を追う。さて、どうなるか?

そんな感じの話でした。
基本的に、アウターゾーンは1話完結であることが多いのですが、この話は前後編になっており、病院の待合室で読めたのは前半のみ。いつごろで、第何話の、なんという話なのかも覚えていません。

そんなことを思い出しました。
今から「アウターゾーン」を書店で探すのは大変ですが、電子書籍版で探せば簡単に見つかるわけで。

上記の話は、アウターゾーン第23話第24話の「タイムスケープ」の「前編」となります。
単行本だと、第3巻に収録されています。

後半の内容は…レジスタンスの女性(れい)は、記憶を取り戻し、自らの役割を思い出しますが、記憶を失っていた間に過去のキリシマ博士(志郎)と親密になってしまっていました。同時に、大佐が後を追ってきており、50年先の未来から過去に来ていることも知りました。果たして、れいの決断は…!?

続きは、電子書籍版を購入するか、ブックオフに走るということで。

話は変わりますが、すでに週刊少年ジャンプを購読するようになってから読んだ、第87話の「禁書」のエピソードは、今でもたびたび思い出す話になっています。現在、国家が直接、表現物に規制を加えようとする動きはないかもしれませんが、一部のSNS上で、過激な規制的発想をお持ちの方がいろいろ言っているのを見ると、遠からず国家による規制につながり、この「禁書」のようなディストピアが訪れてしまわないかと、たびたび思い出します。





posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2020年06月12日

幼少期にテレビで観た映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の熱い思い出

今夜、日テレで映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が久々にテレビ放送されるということで、観れるかどうかはわかりませんが、興奮しております。
まぁ、今夜観られなくても、2015年に配信版を購入しているので、いつでも観られるんですけどね!

この映画は、1985年に公開された映画で、おそらくそれからしばらくしてテレビ放送されたかと思います。
小さい頃の僕は、それを観ました。なので、マーティの声は、三ツ矢雄二さんで脳内固定されています。

手元にあるのは山寺宏一さんバージョンですが、それを観ても、自動的に脳内で三ツ矢雄二さんに変換される仕様の脳になっています。
(織田裕二さんバージョンを聞いたときに、自動変換が起こらなかったのはバグでした)

今でも、終盤の、ドクがマーティを雷雨の中で未来へ帰そうとする一連のシーンを観ると、「今回は失敗して未来へ帰ることができないんじゃないか?」みたいな、よくわからない感情が沸き起こってきて、ハラハラしながら観ることができて、興奮します。

この映画があったから、ファイナルファンタジー4かなんかに出てくるシド博士だったか「科学はまず体力」と言っているシーンがしっくりきた気もします。

さて、この映画を初めてテレビで観たときには、まだ幼かったもんですから、脳内記憶バグが起こっています。普通の映画なら、1回観ても、その後何回も観返すようなことはないのですが、この映画は何回も何回も観返しているので、記憶バグに気づくことができています。

というわけで、今日は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1作目)における、僕の幼少記憶の脳内記憶バグをご紹介しようかと思います。


■『The Power of Love』と『バック・イン・タイム』を、同じ歌の違う部分だと思っていた
最初から最後まで脳内再生すれば、違う歌だと気づきそうなものなのですが、なぜだか同じ歌の違う部分だと思っていました。


■ロレインは、マーティと共に未来へ行きたいと言っていたと思っていた
そんなことを言っているシーンはどこにもないんですけどね。なぜか、僕の幼少期の脳内にだけそんな記憶がありました。


■電気の単位「ジゴ・ワット」は本当に存在する単位だと思ってた
こういう人は多い気がする。脚本家のボブ・ゲイルの勘違いが原因で、gigawatt(ギガ・ワット)がjigowatt(ジゴ・ワット)と脚本に書かれてしまっていたのだとか。


■宇宙人に扮したマーティがジョージの家に侵入した時「バルン星人だ」と言っていると思っていた
日本のウルトラマンに登場するバルタン星人がアメリカ映画に出てくるはずもなく、実際には「黙れこの地球人めが!俺の名はダース・ベイダー。バルン惑星からやってきた宇宙人だ」(Silence, Earthling. My name is Darth Vader. I am an extraterrestrial from the planet Vulcan.)。
ダース・ベイダーはスターウォーズ。バルカン惑星はスター・トレックから。


posted by ayacy at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画