2017年01月10日

「ペット」を観まして

レンタルビデオ屋でキャンペーンをやっていたというのもありまして、「ペット」を借りて観てみることにしました。
映画公開直前には、映画館で、「ペット」のキャラクターを使ったキャンペーンの映像も流れたりしていて、観てみたいなぁと思ってはいたのですが、なかなか機会に恵まれず。
そのうち公開終了してしまい、レンタルDVDの登場を待っておりました。

IMG_1619.JPG

ああ、いいね。「観た人が幸せになれる」映画ってのは、こういうのを言うんだよな。本来は。
トイストーリーっぽさを感じなくもないけど、まぁ良いんじゃないですかね。僕は気になりませんでした。

ズートピアと同じく動物映画で、種族は異なれど仲良くする動物たちを描いた映画ではありますが、ズートピアのように深刻な題材を扱っているわけでもなく、気楽に観ることができました。

マックスの吹き替えの声優は玉木宏さんかな?と思って観ていたのですが、最後まで観た後に調べてみたら、マックスとデュークの声を、バナナマンの設楽統さんと日村勇紀さんが演じていたのですね。お二人の吹き替えも、なかなかのもんですね。

ウサギの声が、フリーザだったなぁ。やっぱり、悪役の声はフリーザの人だよなぁ。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年01月09日

「ゴーストバスターズ」を観てみた話

去年、話題になっていた「ゴーストバスターズ」のリブート版を観てみました。
面白いらしいという話は伝え聞いていましたが、なかなか映画館に行く余裕がなかったので、レンタルDVDで。

IMG_1620.JPG

YouTubeでゴースト動画が拡散・・・みたいな、現代的な要素も取り入れられた、まさに現代版ゴーストバスターズといった感じです。
汚い言葉遣いとかも出てきているっぽいので、R指定とか、入っていたのかな?まあ、いいんですけどね。
ところどころ、翻訳に苦労したであろう英語ジョークも入っていたっぽいですね。いくつかは意訳を諦めたのか、そのままの日本語に吹き替えられている箇所もあったみたいですけど。まぁ、いいんですけどね。

事務員兼電話番として雇われた唯一の男性ケヴィンは「スーパーマンかと思った?残念、(マイティ・)ソーなんだよ」みたいなことを言っていたので、あれれ?と思って後から調べたら、本当に、マイティ・ソーを演じている俳優さんだったんですね。

ゴーストが出てくるホラー映画というカテゴライズになるかと思いますが、あんまり怖かったりビックリしたりするシーンはなく、気楽に観ることのできる娯楽映画でした。まぁ、ゴーストバスターズなんだし、観る人はみんなそういうノリを期待しているでしょうし、そうでないとダメですよね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年01月08日

「ローグ・ワン」を観てきました

夜勤明けでゆっくり寝ていようかと思っていたのですが、午前中に目が冷めてしまい午後がまるまるヒマになってしまいまして、何か良い暇つぶしはないかな・・・と考えていて、映画を見に行こうと思いたち、急遽「STAR WARS STORY ローグ・ワン」を観てきました。

IMG_1883.JPG

事前に見に行こうと予定していたわけではなかったため、事前情報は全くなしのピュアな状態。
なぜ今までみたいに、エピソード○○と、ナンバリングされていないのか?
番外的orスピンオフ的な作品なのか?
スターウォーズ全体の中の、どのあたりに位置するストーリーなのか?

ナンバリングされているものではないし、ちょっと気楽な感じで見ようかなぁと思っていたら。
かなりガッツリ作りこまれている映画でした。ちょっとナメてた。

帝国軍が「プラネットキラー」なる装置を極秘に開発中で、それを反乱軍が知り、破壊するための準備段階の話。
プラネットをキルするのだから、要は「デス・スター」ということですね。
つまり、エピソード4の前日談(どころか、エピソード4のギリギリ10分前まで)を描いた作品というわけですね。

ダースベイダーも出てきます。C3POとR2D2もちょっとだけ出てきます。
ターキン総督も出てきました。じっくり見比べたわけではないけど、けっこう似ていた気がします。そっくりさんかな。

そっくりさんといえば、終了間際に出てきたあの人(ネタバレのため伏せます)も、そっくりさんでしょうかね。
出てくるぞ!出てくると!と思わせといて、後ろを向かせたまま終わるのかなぁと思ったら、思いっきり正面を向いて顔を見せてくれましたんで、びっくりしました。

エピソード○○とナンバリングされていないからとナメていたら、色々と驚かされる作品でした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画