2017年06月28日

なんだかやたらとTL上で見かけたアニメ映画「ポッピンQ」のレンタルDVDを見た話

冬頃だったか、Twitter上で、あるアニメ映画をひたすらベタ褒めしている人が何人かいました。
聞いたことのない作品名だったのですが、あまりに高く評価されていたので、どんな映画だったか気になっていました。
ただ、その頃は映画を観に行ける余裕などなく…。放置していたのですが、この度レンタルDVD屋で見かけまして、レンタルしてみました。

IMG_2980.JPG

ポッピンQ
ちなみに、DVD屋でパッケージを見かけてから実際にレンタルできるまで3週間くらいかかったかな。
ずっと誰かがレンタルしていたみたいなので。

事前情報なしで見るため、作品の中身はわかりません。
Twitter上でべた褒めしている人が、あまりにもべた褒めしすぎているので、逆に引くくらい

この間隔は前に感じたことがあるんだけど、何だったか。
そうだ。三谷幸喜監督が、「ザ・マジックアワー」の公開に合わせてあちこちのテレビ番組に出て紹介しまくっていたのを見て引いたときだ。
でもあの時は、実際に観に行ったらメチャクチャ面白かったんでした。
であれば、この作品もメチャクチャ面白いのでは?

・・・。
という感じで見たんですけどね。

絵は非常に良いんですけどね。深夜アニメ調の絵柄で。作画の完成度が高い。
ただ、コンセプトとストーリーと詰め込みたい内容の量の多さの影響で、作品の評価が大きく下がってしまっている感じか。

ダンスをかっこよく踊るのもわかる。
悪い奴から世界を救うってのは、まぁ分かる。
短距離走とか柔道とかピアノとか、中学生の女の子達の心の葛藤もわかる。
深夜アニメ調の女の子の描き方もわかる。
ニチアサやプリパラみたいな女児向けの絵柄(妖精とか)もわかる。

個別の各要素は非常に良いと思うんですが、それらをミックスしたときに、うまく組み合わせられていなくて、全体的な評価が高められなかった感じでしょうかね。
短距離を走らせたいのか、ダンスさせたいのか。
大きいお友達層をターゲットにしたいのか、女児をターゲットにしたいのか。

ストーリーの詰め込みすぎも気になりましたね。
深夜帯で6話くらいに分けて放送した方が、良かったかも。
そうしたら、続き18話くらい使って、謎の予告編に相当する内容を放送できたんじゃないか。

ってか、あの謎の予告編はなんだろう。
これも不思議なことに「個別の各要素は非常に良い」が当てはまっていて、あんな続編のアニメがあるなら、観たくて観たくてしょうがなくなる
だから、本編の評価はさほど高くないのに、続編が観たくて観たくてたまらないという、訳の分からない感情がわきあがる。

そんな作品でした。
多くの人にはお勧めしづらいけど、深夜アニメに慣れている人にならお勧めできるかなと思います。観る前に、子供時代の心を思い出しておくのがよいかと思います。
あと、続編を深夜アニメ枠で放送してください。ぜひ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年05月03日

ゴールデンウィークの過ごし方(2)…実写版の「ひぐらしのなく頃に 誓」を観てみる

近所のレンタルビデオ屋で借りてきました。
IMG_2580.JPG

なぜ、この作品をレンタルするなどという、わざわざ自ら地雷を踏みに行くようなマネをするのか、といいますと。

知人より聞きまして。

ひぐらしがなく頃に」の実写映画は、1作目は絶望的につまらないが、2作目は「つまらないと思って観れば、まぁ、観れなくも無い程度にはなっている」という評価であると。

実際のところ、どうなんでしょう?要は、つまらないは、つまらないってことでしょうけど、絶望的というレベルでは無いということか。

ちなみに、自分がこれまでに観た、絶望的な映画と言えば、「ゲド戦記」「ドラゴンボール・エボリューション(ハリウッド版実写ドラゴンボール)」の2作品なのですが、これらよりは上ということかもしれません。とにかく観てみなければ。

というわけで、レンタルDVD屋で借りてくることにしました。

ちなみにこの日、レンタルDVD屋の床に、床と同じような色をした蛾が止まっていました。
これが擬態ってやつでしょうか。
もしかしたら、この擬態している蛾の方が、ブログネタ的に面白いという評価になるかもしれないので、いちおう写真を撮っておくことにしました。
IMG_2581.JPGIMG_2582.JPG


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年04月10日

しんちゃんアニメ映画をレンタルしてきた…映画館を出る大人の呆然とした顔が思い浮かぶ

昨日、涼宮ハルヒの憂鬱のDVDをレンタルしてきた件を書きました。その時に、いっしょに、クレヨンしんちゃんのアニメ映画もレンタルしたのでそのことを書こうかと思いまして。

そういえば昨日は書き忘れましたが、涼宮ハルヒの憂鬱の第1期は、放送順が時系列に沿っておらずバラバラという問題があったらしいですね。「らしいですね」と他人事のように書いているのは、僕自身はリアルタイムでは観ていなかったからです。
2006年の4月〜7月は、会社都合で出張していたので。

2006年4月3日(月)、いつも通りに出社すると、新任の課長から呼び出されて、「ちょっと今から、南の方に行ってきて。2週間・・・たぶん1週間くらいで終わるから」と、唐突に当日出張することになりまして。行くと「今から夜勤して」と言われて、そのまま4ヶ月間、夜勤生活しました。軟禁生活と言っても良いかもしれません。休みは月1回。出勤時間は18:00〜翌11:00。
残業時間は軽く200時間を越えていたので、今だったら、労基署に駆け込めば大問題になっていた可能性がありますね。きっと。

まぁ、SE業界は残業300時間という人もいるらしいというウワサを聞いたことがあるので、そういった諸先輩方には及びませんけど。
上には上がいるので、上を見たら切りが無いです。とはいえ、過労死ラインをダブルスコア・トリプルスコアで越えるのは、自慢していいことではないです。なので、これは自虐です。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画