2018年09月04日

ようやく観られた。今年のドラえもんの映画。のび太の宝島。

本日ようやく、今年の春のドラえもんの映画「ドラえもん のび太の宝島」を観ることができました。
doraemon_takarajima.jpg

事前に聞いていた情報だと、子どもにも楽しめて、さらにストーリーの奥深さから、大人にも楽しめる作品になっている、けっこう素晴らしい作品、とか。

2017年春の、「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」が、個人的には大人にも奥深さを感じる良作だと思っていたこともありまして。

で、実際に観てみますと。
子どもにとっては良作だと思います。
父子の話が題材になっていることもあり、子育て世代にも刺さる映画かもしれません。

が、伏線回収しきれていなくて、終わりがなんだかモヤモヤします。
もうネタバレありで良いと思うんですが、
  1. 未来を見てきて、地球が滅びることを知って、対処しようとする父
  2. 父の対処方法があまりにムチャなので、止めようとする息子
  3. その対処方法は、ドラえもんたち現代の人々にとってもかなりの厄災を引き起こすこともあり、息子を支援するドラえもんたち
  4. 結果、息子が父に勝つ
  5. 父は息子のエンジニア力の高さを評価して、ハッピーエンド
うーん…。
「1」が解決されないまま終わってるんですよね。
とりあえず、「人間には未来がないことが約束されました」って終わり方は、映画ドラえもん的な終わり方としてはどうなんでしょう。
モヤっとします。

大人にとっては、少なくとも自分にとっては、モヤっとする評価かなぁ。

「南極カチコチ大冒険」のときは、少なくともこういうモヤッとさは、無いか、あったとしても最小限に抑えられていたと思うんですよね。
こういうデカイレベルでモヤッとさが残されるのは、ちょっとなぁ。全体評価に影響を与える気がするなぁ。



続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年08月31日

ボス・ベイビーを観た。未来のミライで足りなかったと思う物だけで構成されている感

ムロツヨシさんが吹き替えをされているということで、ちょっと気になっていたのですが、映画館に観に行くことはできなかったので、レンタルDVDで観ました。

dvd_bossbaby_20180814.jpg

ボス・ベイビー

赤ちゃんがスーツを着ている、めちゃめちゃシュールなイラスト以上に事前に仕入れられた情報が無かったので、どんな映画だったのか知らずに観ました。

突然弟が家にやってきた少年の、苦悩のストーリー、だったわけですね。
いや、ちょっと違うかw

(親にとっての)子育ての大変さは表面上のものが描かれるだけで、親にとっての「あるある話」みたいなのはほとんどない。

ただ、未来のミライと違って、ストーリーがあったり、悪役がいたりして、個人的にはスッキリと観ることができました。
事前に未来のミライを観ていたからこそ、スッキリ観ることができたのかも。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年08月28日

夏休み最終日に銀魂2を観てきたんですが…ヤバいな(褒め言葉)

ちょうど先週の日曜日、銀魂2の実写映画を観てきました。
gintama2_20180819.jpg

銀魂は、漫画原作作品の実写化としては、成功している作品という認識だったんですが、今回のはヤバイな(褒め言葉)。
ヤバイ(褒め言葉)。
観客席からは、かなり笑い声が聞こえてきていましたし、僕自身の笑ってしまっていました。

アクションシーンのかっこよさと、ギャグっていうか、極端にヤバいパロディを、こう同居させてきたか、と。
元ネタを知っていなければならない、ハイコンテクストなネタが満載だったわけですが、中には日本人なら万人が知っているであろうネタも多いので、安心してよいですね。あ、何を安心すれば良いんだ…?まぁいいや。

佐藤二朗さんとムロツヨシさんのセリフは、あまりにハイコンテクストすぎて、通じづらい人もいるかもしれない。
まぁこればっかりは、慣れてくれと言うしかないわな。

三浦春馬くんは、かっこよかった。
彼の登場シーンは、終始シリアスなシーンのみで。この映画のシリアスパートの大部分を担っていました。
ファンはたまらんだろうなぁ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画