2020年01月08日

やっと観ることができた「ターミネーター」1作目。サングラスはここから始まっていたのか

「ターミネーター:ニューフェイト」(原題:Terminator: Dark Fate)を観たとき、そういえば「ターミネーター2(原題:Terminator 2: Judgment Day)はテレビで繰り返し放送されていてたくさん観たことがあるけど、1作目である「ターミネーター」って全く見たことがないな、と思いまして。

2作目は世界の映画史に残るレベルの名作で、当時としては極めて珍しいCGを利用した液体金属のターミネーターが描かれるなどしていたので、何度もテレビで放送されてたのに対し、ターミネーターの1作目はいわゆる「B級映画」らしさがあるので、あまりテレビでは放送されなかったんでしょうかね。

正月休みを利用してDVDを借りてきて観ることにしました。

201911_terminater1.jpg

ターミネーター」(原題:The Terminator

冒頭は電話帳殺人。
未来世界を生きる人や機械が、過去に戻った時に「探し人を電話帳で探す」ことを思いつけるのか。
例えば2020年の人間が1984年に戻った時、それを思いつけるかどうか。
そういえば、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でも、1985年から1955年に戻ったマーティ・マクフライは電話帳で探していたか。1985年から1955年に戻ったのなら思いつけそうなもんだけど。

まぁ、未来から過去に戻るのであれば、当時の文化的事情を調べて、探す方法をあらかじめ模索しておくのは当たり前か。

ターミネーター2」から見ていた自分にとって、アーノルド・シュワルツェネッガー=ターミネーターが「サングラスをかけること」って当たり前のことだったんだけど、本作の劇中で理由ときっかけが与えられていたというのは、今回初めてすることができた。

当時の技術ではロボットらしいロボットを描くのは難しかったろうが、そこを逆手に取り、人間に溶け込むための超最新型ロボット(劇中ではサイボーグとも呼んでいたので素材には人間が使われているっぽい)だから人間との区別がつかないということにしたわけですね。

最後の方のシーンで逆にロボットらしい姿がむき出しになったところで、ところどころ「こまどり」撮影がでてきて、当時の時代らしさが出てきました。

そういえば、スターウォーズの旧三部作のリマスター前のバージョンとか、スピンオフ作品の「エンドア」に登場するエイリアンって、あんな感じのこまどり撮影でしたっけね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年01月02日

2020年はどんな映画を観に行こうか。2019年はかなりたくさん観た気がする

2019年末、寅さんの映画の新作が公開されていました。
寅さんの映画が復活ということで、少し気になってはいるものの、基本的に食指が動くタイプの映画ではないので一旦は静観。‬
年末ごろに‪ネット検索した感じだと、宣伝か宣伝まがいの感想らしきものしか観測できないので、もっと長く静観しないといけないかな、と。‬

去年は寅さんだけでなく、多くの気になる映画が公開されていました。
個人的に一番だったのは「翔んで埼玉」でしたが、それ以外にも、アベンジャーズ/エンドゲームとか、トイ・ストーリー4とか、シティーハンター(アニメと実写両方)、すみっこぐらしとか、とにかく話題に上がる映画が多い年でした。
ワーストの方だとドラゴンクエスト ユア・ストーリーみたいなのもあったし。

2020年は、どうだろう。とりあえず、次の映画は確実に観に行こうかと思っています。

  • 「カイジ」の新作映画(1/10)
  • マーベルの「ブラック・ウィドウ」(4/30)
  • Fate/stay night ヘブンズフィールの3作目(3/28)
  • シン・エヴァンゲリオン劇場版(6/27)
  • るろうに剣心 の最新2作(7/3、8/7)
  • キングスマンの最新作(9月?)
  • ゴジラVSコング(11月?)


あと、映画というわけではないですが、「風の谷のナウシカ」の歌舞伎版が流行っているそうなので、これの映画館上映を近所の映画館でやってくれたりしないかなぁというところに期待してたりします。

「ドラえもん のび太の新恐竜」(3/6)、「STAND BY ME ドラえもん2」(8/7)は、レンタル開始されたら観ようかな。
ディズニーの「ムーラン」実写版(4/17)は検討中。

あと、ディズニーの「ジャングル・クルーズ」が映画になる(7/24)という話も聞こえてきたので、考え中。

メイドインアビス(1/17)にも興味があるから、前後半総集編を観終わったら、ちょっと考え中。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年12月28日

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」観てきたけど、なんかこう、コブを付けてる

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(Star Wars: The Rise Of Skywalker)を観てきました。
映画の冒頭に青い文字で EPISODE IX と書いてあったので、エピソード9なのでしょう。

201912_starwars9.jpg

なんというか、僕の中では、スター・ウォーズってエピソード1〜6で完結していて、それで丸く、完璧に納まっている感覚だったので、ディズニーが買い取って新たな三部作(エピソード7〜9)を作っているのって、完璧な円形に余計なコブを付け加えているような感じなんじゃないかと、若干の違和感を持って観ていました。

レイア役としてキャリー・フィッシャーが出演し、ルーク役としてマーク・ハミルが出演し、ハン・ソロ役としてハリソン・フォードが出演し、これでもかとレジェンドな出演陣を使いつくして。
物語の中としても、平和になったはずの世界が、ディストリビューターの都合で再び戦乱の世の中に落とし込まれたりしてるし。

キャリー・フィッシャーはエピソード8と9の間になくなってしまったため、エピソード9ではアーカイブ出演しておりました。しかしそれでは、レジェンド出演陣が弱いということになったのか。
今回は、冒頭より復活した銀河皇帝(パルパティーン)役として、イアン・マクダーミドまで復活!という。そこまでしてレジェンドな出演陣に頼っちゃうかなぁ、と。

なお、イアン・マクダーミドの場合は、最初の三部作(エピソード6)で出演した後、次の三部作(エピソード1〜3)でジョージ・ルーカス監督に志願して若い頃の自らの役を再度演じ、さらに今回エピソード9で復活した自らの役を演じるという、他のレジェンド陣とはまた一つ異なる形でレジェンドを実現したので、それはそれで面白いかも。

そういえばエピソード1〜3が公開されたとき、アナキン・スカイウォーカーがヤング・ダースベーダーであることは大きく宣伝されていましたけど、パルパティーンが若い頃の皇帝であることは、あまり宣伝されてなかった印象でしたね。
(演者が一緒であることと、他の媒体では皇帝の本名が登場していたという話もあったので、見る人が見れば明らかだったらしいですけど、僕はそんなに熱を入れてみていなかったので、分かっていなかった感じです)

公開から1週間しか経っていないので、あまり細かいことを書くとネタバレになりそうなので避けますが、CG技術としては、まぁ、スゲェですね。ストーリーとしては、上映時間が2時間半以上もあった割には、各シーンが大急ぎで過ぎ去る感じで、しかも別々の場所で活躍する登場人物たちの様子を細々切り替えながら見させられる感じなので、ちょっと落ち着かない感じだったかな、と。

若い出演者もそれぞれ活躍の場があるし、レジェンド陣にもそれぞれ活躍の場があるので、場面の切替が忙しくなってしまうのは仕方がないのですが、でもそれってどうなのかなぁという感じ。

名のある大作なんだし、もうちょっと、どっしりと構えるような作品でいてほしいです。スター・ウォーズには。

ディズニーはスター・ウォーズの続編をまだまだ作り続けるような感じがします。
次の作品も観に行きたいとは思いますが、ぜひとも、どっしりと構えるような落ち着いた作品であってほしいですね。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画