2017年02月04日

ドクター・ストレンジを観てきました

一昨日の夜のラジオで、ドクター・ストレンジの話題が少し取り上げられていたのを聞いて、非常に観に行きたくなってきまして、急遽観てくることにしました。

IMG_2041.JPG

マーベル作品であり、今後、アベンジャーズに合流することが約束されている作品。なので、確実に観ておかないといけないなぁ、と。
また、今回は、スタン・リーがどこで登場するのかな?というのも気になりつつ観ていました。

「ファンタスティック・ビースト」のときもそうでしたけど、魔法を描くために、非常に高度な科学技術(CG技術)を使って描いているってのが、なんとも面白いことではあります。

事前の予告にもあるとおり、主人公のドクター・ストレンジは優秀な医者であり、傲慢なのですが、ある事故がきっかけで手の自由を失い、医者でいることが出来なくなってしまう。
が、魔法の力に救いを求め、優秀な魔法使いになる・・・んで、ドッタバッタと悪人を倒すヒーローに。
もう、この世界では、アベンジャーズの存在は公然のものとして知られているので、アベンジャーズを踏まえて、自分たちの存在は何なのかが定義されています。これもまた興味深いことです。

で、悩みもあるし、色々な人との出会いもあるし、悪人との出会いもあるし、悪人になりそうな善人過ぎる人もいるし、バスに乗ったスタン・リーもいるし、・・・最後には奇想天外な発想で悪を退けます。こういうの、いいですよね。

最後には、アベンジャーズのヒーローが一人登場し「... will return」の言葉も出てきて、アベンジャーズの世界は今後どんどん混沌としていくなぁと思わせてくれます。

なお、予告編では、この夏に、アベンジャーズとしての「スパイダーマン」の映画が登場し、アイアンマンとタッグを組むようなことを流していました。こっちもこっちで楽しみです。

元々、映画の「スパイダーマン」はソニー・ピクチャーズが権利を持っているのに対し、映画のアイアンマン等のシリーズはマーベル(ディズニー)が権利を持っていたんだったと思いますが、アベンジャーズのために集合するとなれば、ヒーロー達は映画会社の枠組みを超えてでも協力し合ってくれるんですね。今後も目が離せません。


posted by ayacy at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年01月25日

勧められるがままに映画「団地」のレンタルDVDを観てみたんだが…っ!

勧められるがままに映画「団地」のレンタルDVDを観てみることになりました。
事前情報として得ていたのは、公式Webサイトに掲載された写真くらいなもんで。

IMG_1979.JPG

藤山直美と岸部一徳が夫婦役で団地に住むコメディ映画と聞いて、内容は想像出来ずとも、雰囲気は想像できるってもんでしょう。普通は。

が、なんていうか、最後まで観たらビックリだった。
この種の感動は、「鉄道員(ぽっぽや)」以来な気がする。

詳しいことは書けないんですが、あるじゃないですか、こういうの。
「鉄道員(ぽっぽや)」といい、(日本で公開されたときの)「ベイマックス」といい。

見始めたときには想像も付かなかった方向から殴られたような衝撃でした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年01月10日

「ペット」を観まして

レンタルビデオ屋でキャンペーンをやっていたというのもありまして、「ペット」を借りて観てみることにしました。
映画公開直前には、映画館で、「ペット」のキャラクターを使ったキャンペーンの映像も流れたりしていて、観てみたいなぁと思ってはいたのですが、なかなか機会に恵まれず。
そのうち公開終了してしまい、レンタルDVDの登場を待っておりました。

IMG_1619.JPG

ああ、いいね。「観た人が幸せになれる」映画ってのは、こういうのを言うんだよな。本来は。
トイストーリーっぽさを感じなくもないけど、まぁ良いんじゃないですかね。僕は気になりませんでした。

ズートピアと同じく動物映画で、種族は異なれど仲良くする動物たちを描いた映画ではありますが、ズートピアのように深刻な題材を扱っているわけでもなく、気楽に観ることができました。

マックスの吹き替えの声優は玉木宏さんかな?と思って観ていたのですが、最後まで観た後に調べてみたら、マックスとデュークの声を、バナナマンの設楽統さんと日村勇紀さんが演じていたのですね。お二人の吹き替えも、なかなかのもんですね。

ウサギの声が、フリーザだったなぁ。やっぱり、悪役の声はフリーザの人だよなぁ。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画