2017年07月14日

NEW GAME!!が新しく始まったので観ていると…仕事観を考えさせられる

7月11日より「NEW GAME!!」のアニメ第2期が始まりまして、観ております。

(原作マンガはさておき)アニメ作品中、ゲーム製作に携わっているのは女性ばかりであるため、「実は登場人物は、人が皆、女性に見える呪いに掛かっているのではないか」という説も飛んでおりましたが、今回は第2期第1話で「なぜこのチームは女性ばかりなのか?」と上司に質問するシーンがあり、なるほど、幻でも呪いでもなく、本当に女性ばかりなんだなと認識した次第です。

第2期第1話では面接のシーンがあり、今後やりたいこととか、企画の提出を受け付けているといったことなどが語られていました。
主人公は入社二年目で、夢を色々語っていたわけですが…。

そういえば僕自身は入社14年経って、入社時(あるいは入社前)に抱いていた夢ってどうなってしまったっけ…と、思ったりしました。
入社14年経って、何かすげぇやりたいことがあるかというと…あんまりない。
出世したいわけではない。面倒くさい仕事はあまり放り込まれないのが吉。かといってなにもやらないのはよろしくない。家族は守れないとダメ。家族と会話する時間はある程度確保しておきたい。過労で死にたくない。

入社前は、「お金よりもやりがい」というのもアリなんじゃないか?と思ったりしたこともありましたけど、親のすねをかじれるわけではありませんから、金が無いと生活ができないわけで、家族も守れないわけで。

入社前とか1年目の頃は、もっと色々やりたいことはあった気がします。
新入社員の研修の時は、大きなシステム作りをしたいとか、落ちない自社製Officeソフトを作りたいとか、なんだかドデカイことをぶち上げたりしていました。

ただ、思い出してみると入社3年目くらいだったか…。
2016年4月のある日に、いきなり900kmくらい遠方に「今日から行ってきて」と、着の身着のまま出張することになり、そこから残業200時間×4ヶ月の深夜労働が始まったあたりから、「ただただ流れてくる仕事を、火の粉を払うように処理し続ける」「勝手に仕事が降ってくる。仕事を取ってきて増やすなんてもっての外」みたいな感情が生まれてきたかな。「新しいことにチャレンジして仕事を増やしたら、残業時間が増えて、脳が死に近づく」ような気がしてきて、新しいことにチャレンジするなんて危険行為はヤバイという発想があらわれ、そこから新しいことが思いつかなくなったような気がする。

それを考えると、入社2年目のNEW GAME!!のヒロインは、初々しくて、輝かしくて、観ていると目が潰れそうになる。大変ツライ。
自分にもあんな感じで、世間の物事にワクワクしていた頃があったはずなんですけどね。

それでも、趣味の方でのプログラミングやオンラインソフト公開活動は、ワクワク感を維持したまま、2012年頃まではやっていたと思うんですけどね。
2012年4月に発生した例の一件により、趣味のプログラミングやオンラインソフト公開活動はツライ側面の方が大きくなって、こっちもワクワクは以前よりも低くなりまして。

そんなことを考えていたら、NEW GAME!!のキャラクターの一人が個人製作のゲームを作っているシーンが出てきまして、ああ、自分も昔はサークルでゲーム作りをしていて、ワクワクしていたなぁ…なんてことを思い出して、なんだか、初々しくて、輝かしくて、観ていると目が潰れそうになる。またまた大変ツライ。

深夜アニメでこんなに感情が揺れ動かされるとはなぁ。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2017年07月13日

「モアナと伝説の海」ようやく観ました

IMG_3136.JPG

モアナと伝説の海」のDVDを借りてきて観ました。

この映画の公開直前くらいの宣伝映像で、女の子が、不思議な動きをする波と戯れる様子が描かれていて、面白そうだなとは思っていたのですが、絶対に観たいなとまでは思えなかったので、映画館へ観に行くことはしなかったわけですが、気になってはいたので、DVDで観ることにしました。

ディズニー映画として、イイ感じですね。
すごく良い!とか、すごく悪い!とかではなく、いかにもディズニーっぽい、安定した水準のクオリティ。安心してみていられる。

最近は、アナ雪にしてもラプンツェルにしても美女と野獣にしても、中世ヨーロッパなプリンセスの感じの強い作品が多かったのに対し、この作品はあまりそんな感じではなかったのも良かったかな。

まぁ、族長の娘だから、いちおうプリンセスと言えなくもないか。
ハワイとかグアムとか、南国なムードの。

いちおうヒーローとなる男性キャラは登場しますが、最近のディズニープリンセス映画によくあるとおり、男性キャラに頼り切るのではなく、ヒロインが自ら率先して戦い、時には弱気になるヒーローを叱咤激励するなど、「女性の強さが際立つ」作品となっていました。まぁこのあたりは、昨今のディズニー映画の感じが強かったですね。

良い気分になれました。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年07月08日

アマゾンでの注文が怖い

半年に一度くらいの頻度でアマゾンで注文している品があり、そろそろ注文時期になるのですが、佐川・ヤマトが次々アマゾンから手を引き始めた後の「デリバリープロバイダ問題」があって、Amazonでの注文が、ちょっと怖くなってきています。

似たようなことは何年か前にありました。
注文の品がなかなか届かず、在宅していたのに不在票が入れられていることが何度かあり、玄関の内側で見張っていたら、なぜか隣の家の呼び鈴を押し、いないことを確認してからうちのポストに不在票を入れるという謎行動をしていた配達員がいて驚いたことがありました。

「あの、私在宅していたんですけど・・・」と、その場で玄関を開けて抗議。
すると配達員は「呼び鈴は押したんですけどね…」と言い訳をしはじめたので、「隣の家の呼び鈴を押したの観てましたよ!」と再抗議。とりあえず配達の品は受け取りましたけど、なんだか気持ち悪い思いをしました。

その後、その運送会社は他社と合併し、現在は存在しなくなりましたけど、明らかにおかしな行動をとる配達員ってのはいるもんです。

それに対して、佐川さんやヤマトさんの配達員さん達は非常に頑張っていた。
ってか、アマゾンの輸送品質の良さってのは、佐川さんやヤマトさんの品質の良さというだけであり、アマゾンそのものはそうでもないってのが、デリバリープロバイダ問題で見えてきたんじゃないかと。

まぁ、イライラが募って箱を投げてしまった佐川さんもいましたけど。

それはともかく、日本でのアマゾン離れが一気に進むのかもしれないですね。
ただ、ドローンなどを活用した機械的な自動輸送が本格化したら、そうも言っていられなくなるのかもしれないですけどね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記