2020年02月18日

「宇宙に合う曲」というジャンル

昔、NHKの「宇宙デジタル図鑑」サイエンスアイという番組があって、テーマソングに「Mermaid's Song」という歌が使われていました。

現代(当時)の最先端の宇宙論や宇宙の観察の結果が美しい映像で紹介されるわけですが、それにぴったりなテーマソングが、海のマーメイドをイメージした歌だというのだから、不思議なもんで。

話は変わりまして、YouTubeの話。
ぼーっとYouTubeの動画を次々見ていたら、「宇宙ヤバイch」の動画に巡り合いまして、そういえば昔は、宇宙をテーマにした番組をよく見ていたなぁとか思い出していたのですが、このときBGMで流れていた曲が、フリー素材のBGM曲の「ワスレナグサ」でした。

なんだろうな、この、ピッタリくる感じ。
たぶん、宇宙空間に一人放置されて、(死の危険が迫らないという大前提の下)「神」的な視点で。広い宇宙と、膨大な時間を俯瞰できる立場を手に入れたら、若干の寂しさと共にこの曲にぴったりの感情が芽生えそうな気がする。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2020年02月17日

花粉症の季節とコロナウイルス

先日、ここ最近の新型コロナウイルスによる症状を「COVID-19」と呼ぶことにしたというニュースがありました。

ひと昔前だと、スペイン風邪とか香港風邪とかソ連風邪とかアフリカ豚(とん)コレラとか、地域の名前がつくケースが多かったです。
そういえば、MERSも、「Middle East Respiratory Syndrome coronavirus」の略だそうなので、「Middle East」=「中東」という名前が入っているんですよね。(なので、MERSは中東呼吸器症候群と呼ぶそう)

しかし、昨今では無用な差別を助長することを防ぐために、地名とは関係のない名前を付けることが多いとか。

ところで、COVID-19については、勤務地の最寄り駅付近の地域に勤務する人から感染者が出たというニュースが飛び交っていました。様々な医療機関をたらいまわしにされた上に、症状が出てからも無理に出勤していたことがSNS上で話題になっており、実は自分自身もすぐ隣を歩いていたことがあったのではないか?とか思われてきます。

幸いなところ、自分には現時点では症状は出ていませんが、感染有無はわかるわけでもなく。

聞くところによると、症状が出ると全身に倦怠感が出るとか。高い熱が出るとか。
この季節は花粉症の季節でもあり、あれって花粉の粒子を風邪ウイルスと間違えて攻撃するアレルギーなので、風邪と同じ症状が出ます。鼻水・鼻づまりだけでなく、頭痛もするし、多少は熱も出るし、倦怠感みたいなのもある。もちろん、個人差はある。ただ、自分の場合は3月〜4月くらいは相当な症状がでる。

いちおう、2月上旬より医師から処方してもらったアレジオンを飲んで、点鼻・点眼は欠かさないようにしているけど、それで症状が完全に収まるわけではなく、まぁ軽減されるかなといったところ(これも個人差はある)。

花粉症による倦怠感なのか、COVID-19による倦怠感なのか、区別がつかないまましばらく過ごしてしまって、気づかない間に治ってしまう、あるいは重症化してしまうということはありそう。それまでの間は、周囲に感染を広げる存在になってしまうというのが怖い。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月16日

「ゼロは英語で何でいうの?」と聞かれて。国産のH2Bロケットの打ち上げカウントダウンは。

昨日はRaspberry Pi Zeroの話を書いたので思い出したのですが、先日、長女(小1)から「ゼロは英語で何でいうの?」と聞かれました。

ゼロは元々英語ですね…。
むしろ、日本語では「零(れい)」と呼ぶわけで。

もうちょっと算数の学習が進んで、小数点を習うころになれば、0.1 (れいてんいち)、0.2(れいてんに)とか自然と呼ぶと思うので、覚えると思いますが、小学一年生では仕方がないか。日常で「零(れい)」と呼ぶことは、これまでなかったかな。

カウントダウンするときも「さん、に、いち、ゼロ!」とか言ったりしますからね。

そういえば、国産ロケットであるH2Bロケット打ち上げのYouTube動画を見ていたら、国産ロケットの打ち上げらしく、カウントダウンの読み上げが「ご、よん、さん、に、いち」と日本語になっていたのですが、0は「ゼロ」と読んでいました。

ダメじゃん…^^;
ダメじゃないけど。

https://www.youtube.com/watch?v=0zgaWSGTdJk




続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記