2020年12月01日

いまだにちょっと迷う、エレベーターだっけ、エベレーターだっけ、エスカレーターだっけ

小さい頃、ジョークなテレビ番組かなにかで、冗談で「エベレーター」という言葉が使われていました。
もちろん「エレベーター」のことなのですが、そのせいで、それ以降「エレベーター」が正しいか?「エベレーター」が正しいか?について、いちいち悩むようになってしまいました。

いや、むしろ、あの箱状のものは、実は「エスカレーター」だったのでは?とか思うと、さらに混乱。
三つ巴の戦いになります。恨むぞ!ジョーク系テレビ番組!

まぁ、それはともかく、ジョークソフト「疑似スクリーンショット ver.1.01」を公開(更新)しました。
公開からしばらく経ったのでネタバレ書いちゃいますが、まぁ、
続きを読む
posted by ayacy at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2020年11月30日

笑い屋とドリフ大爆笑とラジオ

1980年代のことなので、僕が小学生くらいのときだったと思います。
それまで、自然と見ていたテレビ番組について、ふと、あって然るべき違和感に急に気づいたことがありました。

タイトルでも書きましたが、フジテレビで放送されていた「ドリフ大爆笑」。
面白いシーンに差し掛かると、何人かの笑い声が、テレビに入っているんです。

今から考えてみると、舞台であれば他の観客の笑いが伝播し、大きな笑いが巻き起こり「ああ、楽しかった」という感覚を後に残せるわけですが、テレビではそれができないので、「笑いの始まり」をテレビ側で作る必要があります。

そういえば、萩本欽一さんが、スタジオに観客を入れてテレビ撮影をする場合に、わざと観客の頭がテレビの下部に映るようにするなど、臨場感を出すための様々な「発明」をした、という話を聞いたことがありました。

無観客のお笑い番組に無理やり挿入された「笑い声」についても、そういった「発明」の一つなのかもしれません。
そういえば、最近は、こういうのを見かけなくなった気がします。
(NHKのLIFE!で、Mr.ビーンを模したネタを放送した時に、「当時の文化」として、笑い声を入れていた気がします。たぶん。ですが、逆に言うとその程度です)






続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ

2020年11月29日

そういえば、Raspberry Piをサーバと認識するようになったのって、あの試作機を見た時だったか

コロナ禍で非常事態宣言の再来も来るかもしれないとか言われて、Go Toキャンペーンの見直しも進む中、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は、在宅勤務でイライラしたらRaspberry Piの表面を眺めるとかいうことをやっているわけですが、そんな自宅にはRaspberry Piが4種類ほど置いてあります。
202008_hdd2a.jpg202003_rspi3b2.jpg202003_rspi3b1.jpg

常時起動しているサーバ用、ファイルサーバ用、子供を見守るカメラ用、子供のおもちゃ用です。

ファイルサーバ用には、HDDが4台繋がっており、容量は合計で14TBにもなったりしているわけで、我が家ではRaspberry Piが一大勢力を占めています。

Raspberry Piの話題が登場し始めたのは、2017年1月のことでした。はじめは、電子工作用のスターターキットを購入してLチカしてみるなど、まともに電子工作してみようと思ったりしていましたが、最近では「安易に使えるLinuxサーバ」扱いになっています。

上で「子供を見守るカメラ用」についても、結局は、ApacheとPHPを入れて、スマホのWebブラウザから動画モドキを観られるようにしているだけですし、「子供のおもちゃ用」も、Raspberry Pi OS(旧Raspbean)をデスクトップ用として使っているだけですからね。

2017年1月に、急にほしくなったRaspberry Piですが、元々どこで、心の奥底に刷り込みがあったかなと思い出してみると、とある企業の試供品を使わせていただくことになったことがありました。(詳細は伏せます)

その企業では、ある製品の試作品を作るにあたって、Raspberry Piを採用しており、うちではそれを受け取って試用をしていました。
小ささと軽さに驚いて、電子工作機械というよりは、ある意味、実用的なハードウェアとしての側面を見させられたわけで、そこでそもそも「サーバとして使うこと」の刷り込みがあった気がします。

その後、2017年1月には電子工作実験用としてRaspberry Pi 3 model Bを購入したわけですが、それからしばらく経ち、ネット上で販売されていた、ラジオ録音用サーバーという画像を見かけた時、端子の形状から「これってRaspberry Piじゃない?ならこの販売されているやつって、自力で作れるんじゃない?」と思い立って、なんだか心が暴走をはじめまして、いろいろと実験し始めた感じです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC