2017年02月25日

電話を掛けると4G通信が3G通信に切り替わる

実は当たり前なんだけど最近気づいたシリーズ。
知人がふと、スマホの表示が、電話を掛けたときだけ4G(*1)から3G(*2)に切り替わる怪現象に出くわしました。

(*1)4G … 第4世代通信技術。通信速度は100Mbpsまで。本来LTEは3Gから4Gへの間に位置する技術であったが、LTEを4Gと呼称するキャリアが増えたため、LTE=4Gと考えておけば、だいたいOKみたい。
(*2)3G … 第3世代通信技術。通信速度は数Mbps〜14Mbps程度。DocomoのFOMAなどで使われる。


これはなんでだろう?なんでだろう?そういえば最近、音声の聞こえ方が悪くなった気がする…と慌てふためいたわけですが、そういえば、電話を掛けるときは電話機を耳に当てているので、普段どのような表示になっているのかを気にすることがないんですね。

別のスマホで試したら、そちらも普通に4Gから3Gに切り替わりました。
あれ?と思ってネットで調べたら、同様の悩みをお持ちの方が多数いらっしゃいました。

どうやら、4G(LTE)というのは、元来データ通信専用であって、音声通話は3Gで行われるのが普通のことのようですね。
最近、音声の聞こえ方が悪くなった気がしたのは、気のせいか、別の要因によるものだったようで。

4G(LTE)での音声通話技術はVoLTE(ヴォルテ)というそうです。この名前は聞いたことがあります。
VoLTEは世界的にはまだ実験段階の技術ですが、先行してサービス開始されており、別途申込みすれば使えるようになるそうです。
VoLTE同士の通話であれば高音質になるし、通話中のデータ通信が高速(3Gに落とさずに済む)になるとのこと。
ただし、別キャリアへの通話では、たとえVoLTE同士であっても高音質にはならない(データ通信は高速)など、まだまだ発展途上の技術みたいですね。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ

2017年02月24日

Office 2007の延長サポートが切れるけど、そろそろどうするか…


僕自身は延長サポート契約を結んでいるわけではありませんが、自宅でOffice 2007 Personal版を利用しているユーザーとしては、そろそろ次をどうするかとかを考える節目になるかと、考えています。

今後、いつまでも古いソフトを使い続けることは、セキュリティ上の問題も出てきますからね。

代替案としては、次のものが考えられます。

  • やっぱり引き続きOffice 2007を使い続ける
    古いものを使い続ける「MOTTAINAI」精神に基づき、壊れるまで使い続けます。代替案になっていない。

  • Office Onlineを使う
    ブラウザとマイクロソフトのアカウントさえ持っていれば、無料で使用できます。
    スマホ版アプリ(無料)との連携も容易です。
    僕もスマホ版アプリは試したことがありますし、OneDriveも使えるようにしていますので、すぐに利用できるようになるかと思っています。
    他の互換Officeスイートと異なり、かつて作成したWordファイルやExcelファイルと完璧な互換を保てることも期待できます。
    ただし、Excelマクロは使えないようです

  • LibreOfficeなどの別のOfficeスイートに乗り換える
    実は現在でも入れています。Office 2007 Personal版にはPowerPointが入っていないため、他者から送られてきたpptファイルやpptxファイルを閲覧するためです。
    また、実家PC・家族PC・サブPCにも入っていますし、ノートPCに入れてあるLinux Mintや、Raspberry Pi×2台にもデフォルトで入っていますので、家庭内・親族間での文書の相互運用性という意味でも有用な選択肢です。
    まぁ、家庭内・親族間で文章の相互運用をしたことなんてないですけど。
    (家庭内・親族間でのデータの相互運用は、むしろ、筆まめの住所録の方が重要だったりする)

以前よりLibreOfficeをメイン環境に入れていたにもかかわらず、本格的にLibreOfficeを使用していなかった理由は、いじくるつくーる機能キーワード検索機能項目のヘルプの作成に、ExcelシートとExcelマクロを使用していたためです。

ただ、ご存じの通り、いじくるつくーるは去年、開発を休止(事実上の開発終了宣言)をしていますので、この縛りの重要度は低くなっています。

というか、現在のLibreOffice Calcのマクロ「Libre Office Basic」では、Excel VBAのマクロもそのまま動いてくれるようです。実際に「いじくるつくーる」の機能キーワード検索ファイル作成を、試したところ、(動きは非常に緩慢で10倍くらいの時間は掛かったものの)正しく動作してくれました。

まぁ、マクロを動かすためのボタンに文字が表示されていない等、Excelファイルを開いたときの見た目の再現性に問題はありますけどね。「べき論」はともかくとして、実社会には、方眼紙Excel等のような、見た目・表現手段としてExcelを用いているケースは多々あります。よって、

  • 見た目・表示結果表現が重要、かつ、マクロを使わないExcelファイルを開くときは、Office Onlineを使う。
  • 上記以外ではLibreOfficeを使う。

といったあたりになりそうかな、と思います。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年02月23日

今まで「スラバー」って読んでいたけど、「/var」って?

自宅で2台のRaspberry Piをいじっているため、仕事のみならず、自宅でもLinux環境を操作する機会が急激に増加しています。

仕事でLinux環境を操作する場合は、いわゆる「ユーザープログラムの作成」の用途で使うため、/homeの下か、/tmpの下か、ユーザーアプリケーションの専用ディレクトリの下を操作する機会ばかりになります。

逆に自宅では、システム構築であるとか、アプリケーションのインストールであるとかいった機会が多いため、/home, /tmp以外のディレクトリを操作する機会が増えてきます。

例えば、/var とか。

これまで、自然と「スラバー」と読んでいたのですが、このディレクトリって本当は何者なんだろう?

調べてみたら、よく変化するファイルが入るディレクトリということで、「var」は、「variable」の略だったんですね。
となると、今までは「スラバー」って読んでいたんだが、「スラバリ」とか「スラバル」のように読んだ方が適切(*1)ですかね。

もう一つ、/usr は「Unix Shared Resources」の略だという情報も入ってきていまして、ビックリしています。
てっきり、普通に userの略だったんじゃないのか、と(*2)

ただ、こちらの記載によると、User Service RoutineUser System Resourceの略だというのは後付けで、やっぱりuserの略から始まったのではないか、という記載もありますね。まぁ、コンピュータの略語の世界では、後付けでそれっぽい意味を付けるのは、よくあることですね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | PC