2020年10月11日

軍艦とカレーライスとグリーンピースの共通点

先日、長女(小2)から「カレーライスかグリーンピースって知ってる?」と尋ねられまして。
何のことかと思ったら、じゃんけんの手(ぐー、ちょき、ぱー)を使った2人以上の手遊びでした。

ただし、掛け声が違う。

手の形軍艦/戦争じゃんけんグリーンピースカレーライス
グー軍艦/グアムグリングー辛い!
チョキ朝鮮チョリンチョー辛い!
パーハワイパリンパー辛い!
あいこになったら(勝敗を決める最後の掛け声)??(忘れた)どん!水!

自分が小学生の頃(30年前)は、「軍艦」(グーカンだと勘違いしていた)と、「グリーンピース」は存在していたと思うけど、「カレーライス」は無かったかな。

ネットで調べると、時代と地方によりさまざまなバリエーションがあること、さすがに軍艦/戦争じゃんけんは不謹慎極まりないということで、さすがに使われなくなってきていることが分かります。

こういうのって、学校で体系的に教えたり、親が必ず教えたり、テレビの子供向け番組で紹介するというのもあまり聞かないので、同級生同士とか、兄弟・姉妹の間、先輩・後輩の間とかで、だんだんと継承されて行っているんでしょうかね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月10日

怪しげに聞こえてきたトイレのチョロチョロ音

自宅のリモートワーク部屋は2階にあり、普段は2階のトイレを利用しています。
そして、居間は1階にあり、普段家族は1階のトイレを利用しています。

その1階のトイレに、一昨日たまたま入った時、弱くチョロチョロと水の流れ続ける音が聞こえていました。
変な違和感は覚えたものの、物理的に何か水が流れる様子を視認できなかったため、とりあえず様子見としました。

そして昨日、トイレに入った時、弱くチョロチョロと水の流れ続ける音が聞こえ、便器内の水面が波打っていました。
これはちょっと、起きてはいけないことが起きているな…と思って、ちょっと様子を観ていると、レバーを回したわけでもないのに、タンクへ給水が行われました。

うん、何かが起きている。確実に起きている。

ネット上を調べると、いろいろ情報が見つかります。
トイレの部品は経年劣化するもの。築7年の家のトイレでは、部品の劣化で水が流れ続けることは、ありそうな話です。
とりあえず、トイレに入ってきた本来の目的を済ませ、水を流しました。

すると、チョロチョロ音は聞こえなくなりました。
その後、しばらく待ってみても、チョロチョロ音は聞こえず。

どうやら、レバーに関係がありそうです。
本来であれば、給水が終わればレバーはニュートラルな位置に戻ってくれそうですが、もしかしたらレバーがニュートラルな位置に戻らないようなタイプのトラブルが起きているのかも。

しばらくは、家人にレバーの位置について注意を払うように伝えないといけないですね。
それで、トイレの部品交換だか修理だかも手配しておかないといけなそう。

家の中って、いろいろなものが一斉に壊れると聞いたことがあります。
そろそろ、トイレだって設置から7年。洗面台って7年。トイレの換気扇だって7年。お風呂の換気扇だって7年。居間のエアコンも7年。

冷蔵庫はだいぶ古いものを持ってきて使っていたため、去年買い替えました。
炊飯ジャーと洗濯機と、リモートワーク部屋のエアコンは、引っ越し前の家から持ってきたもので、もっと古い。

そういえば居間のエアコンは度々壊れます。一昨年はメインボード的なものを交換し、去年は冷媒の通り道が壊れたため修理しました。

洗面台の陶器部分なんか、そろそろ割れるかもしれません。
消費税10%が、重くのしかかります。全部が一斉に壊れる前に、消費税の減税をやってくれないかなぁ。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月09日

都合の良い情報だけをネット上から拾い上げ、独自の理論を構築する人っているよね

2012年にウイルス対策ソフト関連のトラブルが起きて、一年半後の2014年1月に解決した事件がありました。ただ、問題は「ユーザーや、この事件を傍観していた人の勘違い」という形で2015年の後半までくすぶり続け、2015年にネット上の粘着的な人から中傷ツイートをばら撒かれるという事件が発生するなどしていました。

メーカーと私が共同で抗議を続け、今では、中傷ツイートをばら撒き続けるということはなくなりましたが、事件そのものに加えて、事件が引き起こした周辺問題が年単位でくすぶり続けるというのは、一般的にはよくあることかと思います。

そもそもネット上を見ていると、自分に都合の良い情報だけをネット上から拾い上げ、独自の理論を構築し「あなたはウソを言っている」と論破した気になっている人がいたりします。

山登りに例えるならば、

202010_yama1.png

上方向に登るために、ジグザグに進んでいることに対し、

202010_yama2.png

何故か右方向の動きだけを抽出、主張し、これだけを自らの構築理論に採用し、

202010_yama3.png

「あなたは右側にだけ進んでますね。私が検索した結果だけでもそういう結論が導かれるんですよ、ハイ論破〜」などと言っちゃっている人がいたりします。

こういう人にとって、左に進んでいる情報はノイズであり、意図的なのか意図的ではないのかはわからないが、見えない/見ていない/非採用情報だったりするようです。

こうやって、中傷ばら撒きツイートが構築されるわけだから、まじめに説明している方は堪ったもんじゃない。

そういえば、「松岡修造が日本にいない日は寒くなる」理論も、これの応用で作られているらしいですね。
個人的には面白いと感じますが、松岡修造さんご本人としては、あまり好ましく思っていない様子。寒さにより不幸を被っている人もいたりするので、あまり笑い話にはしにくいですし。




posted by ayacy at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | インターネット