2020年03月20日

在宅勤務でイライラしてきたら…Raspberry Piの模様でも見て心を落ち着けよう

Twitter上でけっこう賛同を得られた(っぽい?)ので、ブログの方にも書こうかと思います。

在宅勤務でイライラしてきたら、名刺サイズのワンボードコンピュータであるRaspberry Piの写真でも拡大して見てると良いです。
拡大していくと、配線?が、たまにクネクネ曲がっていることに気づきます。

202003_rspi3b1.jpg202003_rspi3b2.jpg

聞いた話によると、どうやら、信号到着が光の速度のせいで遅延するから、同期を取るためにあえてクネクネさせているらしいです。

Raspberry Piにとって(というか、現代のコンピュータ技術において)、光の速度は遅すぎるということ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2020年03月19日

深く考えていくと訳が分からなくなってきた。forで無駄にループしたのかyes無限実行か

ブラックホール情報パラドックスという言葉があります。

元々、何かしらの物理現象があったらい、その未来の変化は一位に定まることとか、現在の状態から過去の状態を確実に導ける、とか、情報の保存とかって概念があって、ブラックホールにおいては情報の保存ができなくなるのではないか?というパラドックスだったはず。

ってことは、ブラックホールに関わり合いにならなければ、上記のようなパラドックスを考えるまでもなく情報の保存は行われている、ということなんだと思います。

乾布摩擦で体温を上げたのか、ハロゲンヒーターで体温を上げたのか、灯油ヒーターで体温を上げたのか、はたまた、なんとかウイルスのせいで体温が上がったのかは、その時の状況を調べれば、情報が「保存」されていて、過去の状態を導ける、ということ。

今、そばにあるRaspberry Piで、コマンドラインからyes命令をずーっと実行させれば、SoCの温度はグイグイ上がっていくことでしょう。
また、C言語でfor(;;)の無限ループを作り、gccでコンパイル・リンクして作ったプログラムを実行させ続けても、SoCの温度はグイグイ上がっていくことでしょう。

現在の状態から過去の状態を確実に導けるということは、この温度情報は、yesコマンド無限実行によるものか、for(;;)によるものか、寝落ちして流れ続けたYouTubeによるものかがわかるということ。

おそらく、SoC内のどの部分に温度上昇が色濃く出ているかとか、あるいは、周囲の空気の温度の上昇の仕方とかを事細かに、それこそ、(実現性はともかく)プランクサイズのレベルで調べ尽くすことができれば、yesコマンド無限実行によるものか、for(;;)によるものか、寝落ちして流れ続けたYouTubeによるものか、ffmpegをひたすら実行させ続けたことによるものかがわかるということ。

…ということかな。
ちょっと難しくなってきた。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月18日

「マウスふるふる ver.1.14.03」公開についての詳細と、要望をいただくなら直接お願いしたい件

先週、β版のテスト公開を行った「マウスふるふる」ですが、本日付で正式版にしましたのでお知らせします。

20200315_MOUSEFR_ss.png

更新内容については、昨日の記事と、先週末の記事を見ていただくのが良いかなと思います。
ざっくりまとめると、

  • マウスを震わせる間隔を、ある秒数で固定にするのではなく、一定範囲の時間間隔内でランダムに震わせる機能の追加。
  • キーを瞬間的に押し離しする機能を使う場合、Shift Keyだけでなく、ユーザーの通常捜査に影響の出にくそうなScroll LockとPauseキーを選べるようにしたこと。

といった感じです。
前者はユーザー要望によるもの、後者はアドバイスを受けてのものとなります。

前者のユーザー要望の方は、MouseLRという、本ソフトの前身となるソフトに対して、12年前にユーザーから挙げられていた要望だったのですが、作者の与り知らぬところで挙げられていた要望を12年越しに見つけまして、対応したものとなります。

…とまぁ、こんな感じで、要望が挙がってから実現まで12年かかっちゃうことになりかねないので、要望はなるべく、作者に直接送るのが良いのではないかなと思います。

ちなみに、「すでに実現済みの機能だったけどユーザーが見つけられていないだけだった」とか「倫理的に実現は無理」「根本的に実現は無理」とか、「要望の内容がよくわからない」みたいなことが、けっこうあったりしますので、要望を送る際には作者から連絡を取る方法も記載するのが良いです。

以前、「本要望の実現をもって返信とみなしますので、返信はしなくてよいです」みたいなことを書いて、返信先・返信方法を書いてくれないフィードバックを送る方がいたのですが……、ご本人は「釣りはいらないぜ」的な捨て台詞みたいなカッコイイ台詞を残したつもりでいらっしゃるのかもしれないのですが、肝心の要望の文章が「何を言っているのかよくわからない」みたいなことがあったりしましたんで、そんな捨て台詞みたいなことを書くのではなく、きちんと返信先・返信方法記載いただければと思います。お願いします。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト