2020年05月13日

固定資産税の用紙は先に届きやがる/コンビニで見つけたドラえもんの本

大型連休中あけで、市から封筒が届きました。
いよいよ10万円が手元に来るのか?と思ったら、固定資産税を入金させるための通知でした。

10万円はすべて、この固定資産税に投入されますね。
しかも足りないし!
ってか、まだ10万円は届いていないし!

できれば、このクソみたいに高い金額はクレジットカード払いにして、せめてクレジットカード払いで得られるポイントの還元を得たいところですが、それはなかなかできない話。

ただ、

  • nanacoにクレジットチャージできるようにクレジットカードを紐づけ
  • 税金をnanacoで支払う
  • 上記を4期分くりかえす(一度に全部払ってしまうと、クレジットチャージの上限に引っかかってしまうので、何日かに分けなければならない)

って感じにして、実質的にクレジットカード払いを行い、クレジットカードのポイント還元を得る作戦で行くことにしました。
これを詳しく書いておくと、クレジットカードのステマ比較サイトのみたいになっちゃうので、これくらいに留めておきます

詳細を知りたい方は、クレジットカードのステマ比較サイトでも見てください。
おそらく大金を投入してSEO対策してるんでしょうから、検索すればすぐにヒットしますから。
最後に青汁を飲みそうな勢いで文章が綴られていますが、まぁ、ウソは書いていないですから。

というわけで、固定資産税の支払いの期数分(4回)、繰り返しコンビニに訪れているわけですが、訪れるとポイント還元分以上に他の品物に目が向いてしまうわけで、まぁこれがコンビニ業界の策略なんだろうなぁと思わなくもないんですが、ふと、本棚に目を向けると、こんなのが売っていたので、つい買ってしまいました。

202005_dora.jpeg

ドラえもん公式調査ファイル てんコミ探偵団 ドラえもんのひみつ37個を徹底調査!!

なんとなく、「空想科学読本」っぽいことが書いてありそうな感じですが、公式がこれをやっているというのが優れているところか。小学館が編集して、藤子プロが監修しているとのことなので。

「ドラえもんはどこまで脱げるのか?」とか「スネ夫はしずかちゃんにプレゼントするときもケチ。犬から奪ったネックレスをプレゼント」とか「のび太のままはドラえもん相手にも横暴」とか、けっこうおもしろい。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年05月12日

昨日、夢の中でRaspberry Pi Zeroを欲しいとずっと思っていたような気がする。無くなる前に

さっき、ふと思い出したのですが、昨夜、「Raspberry Pi Zeroが欲しい!」「ひたすら欲しい!」「コロナ禍で在庫がなくなってしまう前に!」「手に入れたらこんな目的で使う!」「あんな目的で使う!」というのをずっと考えていた……というシチュエーションの夢を見ていたのを思い出しました。

でも、夢の中で手に入れたらどんな目的で使おうとしていたのか、さっぱり思い出せません。
マスクやトイレットペーパーのように、コロナ禍の影響で在庫が不足してしまうのかどうかも分かりません。

あったら、いろいろと面白いことができるんだろうなとは思いますけどね。

うちにはすでに、Raspberry Pi 3を4機も飼っているので、これ以上増殖してもらうわけにはいかないです…。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2020年05月11日

100で割り切れる年のうるう年については知っているのに400で割り切れる年については知らない?

西暦2000年のときに、「2000年問題」が発生していました。もうあれも20年前のことになるんですね。

あの当時、プログラミング上のよくあるミスとして言及されたものに、「うるう年」のレアに訪れるルールがありました。

  1. 4で割り切れる年は、うるう年である
  2. ただし、4で割り切れても、100で割り切れる年は、うるう年ではない
  3. しかし、100で割り切れても、400で割り切れる年は、うるう年になる

要するに、1996年はうるう年だが、1900年はうるう年ではない。でも、2000年はうるう年である。

上記のうち、1と2はプログラミングされており、3がプログラミングされていない状態だと、2000年をうるう年ではないと扱ってしまい、バグが発生する、というもの。

でも、1だけ知っていて2と3は知らないという人が多いのは理解できるのですが、1と2を知っていて3を知らないという人がいるとは、ちょっと考えづらいんですよね。
ネット上でも同じことを考える人がいて「そんな、ズボンをはいたのにパンツをはき忘れるような人はいるのか?」という例えを言っている人がいました。確かにそんな感じだ。

似たようなのに、「ウサギは匹ではなく羽で数える」ということは知っているのに、「その由来を知らない人」なんて人はいるのか?というのを最近感じました。

たぶん、ウサギを羽で数えることを知っているくらいなら、その由来も普通に知っていそうな気がする。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記