2018年03月25日

3歳児から東方ネタをブッ込まれる時代

そういえば、コミケに行かなくなり、自作ゲームを作らなくなり、同人界隈のコアな話もめっきり触れなくなりました。
最近では軽く、コミティアにサークル参加させてもらう程度で、とてもとてもコアな話に触れられる状態ではありません。

今なら、「一般人の目線」で色々見られるのかな、と思ったりもします。
例えば、今の自分の立ち位置で、東方の話題とか、ひぐらしの話題とか、(こちらから臨まなくても)情報が降ってくるということになるならば、それはすごいことです。実際、初音ミク系の話題なんかは、イヤってほど目に飛び込んできていますし。

で、先日新聞を見たところ、
00A05D1E-754E-482A-B4BB-1E5F9009585C.jpeg

Fateに関連した話題が普通に新聞に出ていました。
テレビ番組表ではなく、その裏側の紙面に。
14年前にFateの原作ゲームが出た時に、こんな状態になるなんて、誰が想像したでしょうね。

月姫、歌月十夜、Fate S/Nの流れから、非常にポテンシャルの高い制作者達ではありましたけど、スマホゲームにアニメ映画と、14年経った今のこの盛り上がりは、すさまじいものがあります。

で、ここまでが前置きで。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月24日

イース8 (PS Vita) を始めてみた

最近、電車の中で、ゲーム画面とかスマホ画面を凝視していると気持ち悪くなってしまうこともあり、移動中はRadikoでラジオを聞くようになりまして。

情報のインプットは、幅広く得られるようになりました。
少なくともTwitterからニュースを拾うよりは、偏りの少ない得られ方になったかな、と。

ただ、ラジオの聴取で、ゲームをプレイしたい心が癒えるわけではない。
インプットの種類は狭めたくないもんですからね。

移動中は難しいですが、自宅に居るときに小さなタイミングを狙ってプレイすることにしました。

6F6D7CB7-D298-4FDE-A339-067F99812CF1.jpeg

イース VII 〜 ラクモリサ・オブ・ダーナ

イースを始めてプレイしたのは、小学校の時だったか…。
当時PC88としても機能する「PC98DO」というPCを持っていて、PC88のゲームを遊んでいました。
その時に、イース1,2,3をプレイしたことがあります。

その後、SFC版のイース4とか、Windows版のイース エターナルとか、バーチャルコンソールでPCエンジン版のYs I・IIとか、いくつかプレイしましたが、色々飛んでイース8をプレイすることになりました。

主人公のアドルは、ずっと若いですね(笑)。
たぶん、僕が始めてイースをプレイしたときは、僕の年齢はアドルの年齢の半分だった気がしますが、今は僕の年齢がアドルの年齢の2倍を越えているような気がします。

チビチビ進めて、つい先ほど、イヤミったらしい貴族の男を仲間に加えたところ。

やっぱりイースは、戦闘がスイスイ進めるが良いですね。
気づくと死にそうになっていますけど。
今後もチビチビ進めていきたいです。

そういえば、PSPでファイナルファンタジーのリメイク版が出ていたんですよね。
実は、ファイナルファンタジーの1,2,3って、ストーリーはだいたい知っているものの、自分自身ではまだ未プレイなので、余裕があればやってみたい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2018年03月23日

3年前に購入したスティック型PCがお亡くなりになりかけている?

3年ちょっと前の話になりますが、当時話題になったStick型PCを購入して喜んでいました。
買ってしばらくの間は、持ち歩いて色んな人に見せびらかしたりしていました。

その後は、リモートデスクトップ接続するのに苦労したり、Windows 10を入れるのに苦労したり、技術的になかなか楽しいPCでした。
が、その後はWindows Updateの時くらいしか繋ぐことがなくなりまして。
ここ最近、Windows Updateしようとすると、起動するのに1時間くらいかかるようになりました。

画面は真っ暗。
でも、1時間待てば起動します。中で何が行われているのか分かりませんけどね。
その後も、起動しっぱなしにしていると、画面真っ黒でいつの間にかフリーズしていたりします。

まぁ、3年も経てば、経年劣化としては十分な期間が経過したとも言えます。
いちおうサブPCとしての役割を与えていたため、メインPCがお亡くなりになったときは、すぐに使えないと意味がありません。
ただ、メインPCが元気に動き続けているため(最近たまに、20秒くらい画面が真っ黒になることがありますが、すぐに戻ってきます)、サブPCの活躍の場がありませんでした。
そういった意味で、活躍の場を与えられなかったのは、申し訳なかったなという気がしないこともない。

今では、電子工作用に購入して、結局常時起動サーバ用途(家庭内サービス提供)に転用したRaspberry Piの方が信頼できるし、使い道も多いし、安いから故障時にすぐ交換できるってのもあって重宝しちゃっている感じ。

そもそも、サブPCの役割って何だろう?
昔は、Visual Studioをがっつりフリーソフトの開発をしていましたので、サブマシンはVisual Studioが使えなければなりません。
サイト更新やメール送受信などもしていました。

ただ、今は、そんなにがっつりVisual Studioを使っているわけでもありませんし、サイトの更新が頻繁でもありません。
ブログの更新やメール送受信程度であれば、スマホやタブレットで十分。
Raspberry PiへSSH接続するためのターミナルとしての役割ですら、スマホやタブレットで十分です。

ちょっと凝ったコトしたいときには、Linux Mintを入れ直した旧SONYのVAIO type Pでも十分だったりするわけで。
自身の行動様式の変化から、サブPCとして期待される役割も変化してきました。

どちらかというと重要なのは、家族写真を格納したNASの方だったりもする気がするし。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC