2019年04月13日

自宅で使っているRaspberry Pi群の1つがぶっ壊れたっぽい。常時ファンを回していたからか…?

自宅で使っているRaspberry Pi群の1つがぶっ壊れたっぽい。
201904_rspi3bkoware.jpg

常時ファンを回していたからか…?

壊れたのは、一番最近購入した、「Raspberry Pi 3 model B +」でした。
次のような使い方をしていました。

  • 常時起動(UPS接続)
  • USBのHDDを接続(HDDの電源はバスパワーではなく、別途容易)
  • 3.3VのGPIOピンとGNDのGPIOピンに、小型のファンを付けてCPUを中心に風を当てて冷却
  • 電源(microUSB)はもちろん2.4Aのものを利用

ある日、週一回の定時再起動のあと、起動してこなくなっていることに気づきました。
手動で再起動(micro-USBの電源ケーブルを抜いて、挿す)を何回か行っても起動したりしなかったり。(起動しないことの方が多い)
HDMIケーブルを挿して、エラーメッセージを観ようと思って再起動したら、なぜかアッサリ起動…したのですが、その後再び、HDMIケーブルを挿した状態でも起動できないことが度々ありました。
IMG_7130.JPGIMG_7132.JPG

真っ先に疑ったのはメインストレージとして利用しているmicroSDカードの劣化なのですが、microSDカードを交換しても同現象が高頻度で発生しました。

試しにRaspberry Pi本体を、予備の「Raspberry Pi 3 model B」に交換したところ、起動に失敗することはなくなりました。(予備、というか、Raspberry Pi 3 model B +を買うまでの間はそちらを現役で使っていました)
というわけで、「Raspberry Pi 3 model B +」本体に原因がありそうです。

その後、色々試してみると、

  • 小型のファンを付けていなくても、USB-HDDを繋いでいると再起動直後にフリーズする現象が多発する。
  • USB-HDDを繋いでいない状態ならば、再起動直後にフリーズすることはないっぽい。

ことが分かりました。
USB-HDDは別電源で動いていますが、ただ繋いでいるだけでも、Raspberry Pi本体に電源の不安定さを招いているのかもしれません。

とはいえ、最近までこの現象は起きていなかったので、

  • 小型ファンを付けた状態で常時起動させ続けていたことにより、Raspberry Pi本体のどこかの箇所がおかしくなった?
  • USB-HDDを繋いでいなければ安定するので、USB-HDDを利用しない別の運用形態ならば、引き続き使用可能?

かなぁ、ということで、壊れかけの「Raspberry Pi 3 model B +」も、引き続き様子を見ながら使ってみようかなと思います。
ファンの付いた本体ケースを使い続けるのは気が引けるので、別の、もっとシンプルなタイプの本体ケースを使うかな。


それにしても、そろそろ暑くなってきますので、常時起動のRaspberry Piにも辛い季節になるはず。
去年の夏は、Raspberry PiのCPUの温度が50℃〜60℃に達していましたからね。
Raspberry Piだけでなく、無線LANルータも相当暑くなる。

そろそろ、サーキュレータの運用の再開を考えた方が良さそうです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年04月12日

災害時に備えて…カップ麺は水でも食べられるらしい

警視庁の災害対策課のツイートで、災害時などで、カップ麺を水で食べるテクニックを紹介していたことを、ふと思い出しました。

もちろん、地震が発生したときの井戸水は汚染されている可能性があるので、ペットボトルの水を使うなど、衛生面には十分な注意が必要ですが、水でも15〜20分くらい待てば食べられるんだとか。

要は、麺がふやけるためにかかる時間が、お湯ならば3〜5分程度だが、水でも15〜20分程度待てば食べられる、ということらしい。
ちょっと試してみたい。味の濃いカレーヌードルとかどうだろう?

201904_saigaicup.jpg

水を入れて20分待ち。

201904_saigaicup2.jpg

なんだか、いつもよりも白い気がする。油が溶けずに浮いているのかな?

20分は待ちすぎだったかもしれません。麺がふやけすぎてる。
その点を除けば、普通に、冷めたカレーヌードルとして食べることができました。
味も想定の範囲内。想像していたとおり。

ああ、冷めるまで放置したカレーヌードルなら、これくらい麺がふやけているだろうから、それもまた普通か。

まぁ、当然ながら、熱いお湯を注いだ方がおいしいですね。
災害時のテクニックとして覚えておくことにします。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月11日

あえて「大人の」を付けて、意味のある言葉、ない言葉

ある言葉の頭に、「大人の」を付けることにより、特別な意味が生じる物が、結構あります。

「大人の」遠足とか、「大人の」社会科見学と言えば、本来、学校行事などで子供が行くと思われがちな「遠足」や「社会科見学」を大人が行くということになり、割と酷な遠足だったり、行き先がビール工場だったり、みたいな感じになったり。

「大人の」給食と付けば、小学校の給食体験会だったり。
「大人の」チョコレートと付けば、ちょっと苦めなイメージが付いたり。

それから「おもちゃ」「ビデオ」とか付くと、突然いかがわしいイメージがわいてきたり。


で、今回、ポストインされていたチラシに、こんなことが書かれていました。
201904_otonano.jpg

「大人の脱毛」
って………逆に言えば「子供の脱毛」ってあるんかいな? そもそも脱毛する人って、「大人」な気がする。

うーむ、意味を取るのが難しい。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記