2019年06月13日

最近Firefoxが、タブのアイドル化とかとか余計な機能追加するので、オフにする機能を探したい

本業の方では、社内イントラネットのサービスに繋ぐときはInternet Explorerを使い、それ以外ではGoogle Chromeを使うことが多かったりしますが、自宅ではFirefoxを使うことがわりと多かったりします。

が、ここ数ヶ月くらいで、Firefoxが余計な機能追加をしてきていて、いよいよ家でもGoogle Chromeを使うことにしたいなと思えてきました。

というのも、前回閉じたタブが、次回Firefox起動時に勝手に開いていたり。
たぶん、タブを閉じたつもりで、「タブを開いたままFirefoxを終了した」と見なされるような操作をしてしまっているのでしょうかね。

それから、規定のメモリ量を使うと、「使用頻度が低いと見なされた」タブがアイドル化し、次回そのタブを開いたときに勝手にリロードが走ってしまう機能。これがジャマ。

最近のGoogle系サービスのJavaScriptが(自分のPCにとって)重いので、JavaScriptを実行させたまましばらく放置していることがあるのですが、「そろそろ実行し終わったかな?」と思って覗きに行くと、リロードが走って最初から実行がやり直しになるとか。

一時停止していたYouTubeが0:00に戻っていたりとか。

ブログ記事を書いていて、調べ物して戻ってくると、勝手にリロードが走って、記載途中のブログが消えてたりとか。

とにかく、迷惑以外の何物でも無い。
この機能をオフにするか、あるいはその「規定のメモリ量」を最大まで引き上げる設定変更をしたい。

自分の探した限り、設定機能の中にはそういったものが見つからないので、どこかの隠し設定の中にあるんでしょうか。
とにかく、どうにかしたい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2019年06月12日

Windows 10でショートカットキーによるショートカットファイルからのプログラム起動が遅い場合

昨日は、「マウスのお供 ver.1.60.02β」を公開しました。

ダウンロードはトップページからどうぞ。

更新点は、INASOFTで公開している他の一部の常駐系ソフトのように、/P1と/P0オプションで、コマンドラインから表示状態を強制的に特定の状態へ変えられるようにしたことになります。

さて、この改修は、ショートカットキー付きのリンクを使ってキーボードから起動することを意図したものとなるのですが、ユーザーより「ショートカットキー付きのリンクの動きが遅い」という情報が得られました。

いろいろ調べてみると、コマンドラインから直接起動したり、リンクファイルをダブルクリックして起動する分には速度低下は起きないが、ショートカットキーを使って起動した場合だけ遅くなるとのこと。
極めて不可解な現象です。

で、少し調べてみると、どうやらWindows 10では、Windowsサービスの「Superfetch」が悪さをするということが分かりました。
注:Windows 10の最新版では、Superfetchは「SysMain」に名前を変えています
これが起動していると、ショートカットキーからのリンクの起動が遅くなる場合があるとのこと。
動作を速くするためのはずのサービスが、返って動作を遅くさせているという皮肉。

上記のサイトにもあるとおり、これを無効化した場合の副作用が分からないこともあり、これを停止するかどうかは自己責任となりますが、もし実施される場合は、次のような手順になります。


■Superfetch改めSysMainの無効化手順

1.スタートメニューを右クリックし、「コンピューターの管理」を選びます。
sysmain_down_1.png

2.「コンピューターの管理」ウィンドウの左側のツリーから「サービスとアプリケーション」→「サービス」と選び、サービスの一覧画面を出します。この中から「SysMain」(またはSuperfetch)を選び、右クリックメニューから「プロパティ」を選びます。
sysmain_down_2.png

3.SysMain(またはSuperfetch)のプロパティで、スタートアップの種類の中から「無効」を選びます。
 その後、[OK] ボタンを押して、このダイアログを閉じます。

sysmain_down_3.png

これで動作速度が改善するはずですが、改善しない場合は、Windowsを再起動するとよいかもしれません。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2019年06月11日

一昨日・昨日で公開したマウスのお供のβ版に関するお話

ドナルドダックの誕生日な6月9日と翌日6月10日に、「マウスのお供 ver.1.60.00β, 1.60.01β」を公開しました。
今日はそのことについて触れたいと思います。

ダウンロードはトップページよりどうぞ。

まだ開発途上版となります。動作検証が終わり次第、正式版として公開予定です。
次の点を改良しています。

  • 設定ダイアログの「時計の表示位置」を、単に「表示位置」とした
    →このソフトが作成開始したての頃は、表示するものは時計くらいしかなかったため問題なかったのですが、最近は時計意外にもクリップボードの内容やCPU情報を表示するようになり、名が体を表さなくなってきました。
    また、下にもあるとおり、時計を非表示にする機能を設けたため、いよいよこの項目の名前を変えました。

  • 「時計を表示する」を追加
    →このチェックはデフォルトでONになっています。チェックを外すことで、時計の行を非表示とし、他の行を上へ詰めることができます。
    ユーザー要望により追加しました。

  • 項目間の隙間をピクセル単位で指定できるようにした
    →ユーザー要望により追加しました。
    デフォルトは0です。0にしておくと、従来と同じ間隔での表示となります。

  • 設定ダイアログに、項目間に区切り線を引く設定を追加
    →ユーザー要望により追加しました。
    mtmo_line_sample_20190610.png
  • コマンドラインオプションに、表示/非表示を切替える「/P」を追加
    →ユーザー要望により追加しました。
    ショートカットキー付きのリンクをデスクトップまたはスタートメニューに作成することで、キーボード操作と組み合わせて使うことを想定しています。詳細は、ヘルプ内にショートカットキー付きのリンクの作り方を追加しているので、そちらを参照で。


新しい「設定」ダイアログは、こんな感じです。

setdialog16_20190610.png


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト