2020年07月23日

宇宙に「壁」が見つかったとか書かれると、宇宙の果てがあって壁があると勘違い続出しそう

先週、地球から5億光年かなたに「」が見つかったという話題が、ネット上を席巻していました。
(それまで発見されていたグレートウォールは他にもあるが、地球からの近さ・規模・厚さなどの面で際立ったものということかと思います)
我々の天の川銀河の中心方向の、大量に恒星がある向こう側にあるせいで、よく見えなくて、これまで発見されてこなかったとか。

これまではそちらの方向に、グレートアトラクター(巨大な重力源)があるらしいことは知られていたが、よく見えなかった、みたいに言われていた場所でしょうかね。可視光以外の波長での宇宙観測技術が進んだおかげで、天の川銀河中心の向こう側も「見える」ようになってきたとは聞いていましたが、その成果が表れてきたんでしょうか。

この記事なら誤解がなさげかな。

ただ、その時に見たネット上のまとめサイトとか、SNS上の意見を吸い上げて並べるサイトの記載とかを見ると、単に「これまで発見されていなかった宇宙の壁が見つかった」みたいな感じにされていました。

案の定、ビルの壁くらいの密度を持ったホンモノの「壁」だと誤解している人もいたようで。

それだと僕が子供の頃に空想していた「宇宙の果てはコンクリートの壁があって、絶対硬くてそれ以上先に進めない」仮説みたいな状況になっちゃいかねない。それはだいぶ違うはず。

ちなみにその空想の中では、鉄のシャベルを使って、宇宙の果てのコンクリートをガリガリ削ることを試みるんですけど、コンクリートが数ミリ削れたら、その分、宇宙のサイズが数ミリ大きくなるわけで、・・・というか、そのコンクリート自体も、コンクリートの向こう側も「宇宙」なはずなわけで、そこから先はどうなっているんだろう?とか思ったりするわけですが、たぶん現実にはそんなふうにはなっていないんでしょうね。

この空想は、かなり小さい頃に抱いていた空想なのですが、それを久々に思い出したのは、昔の(テレビアニメになる前の方の)ケムリクサを観たときでしょうかね。超えられない壁だけど、頑張ると超えられる壁で、その先がどうなっているんだろう的な感じの。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月21日

また忘れたよ。トニックってなんだったっけ? 2か月ぶりに床屋へ行った話が再び

5月2日に床屋へ行ってから2か月以上経ち、さすがにそろそろ限界が近づいてきていました。というわけで、先日、床屋へ行ってきました。

QB HOUSEが営業を再開していたので、QB HOUSEへ行きたかったのですが、自転車で行ける位置のQB HOUSEは混んでいるし、その次に近いところへは電車で隣駅へ行くかしないということで、やっぱりまだまだ新型コロナ感染症が怖い。

というわけで、今回も近所の、普通の床屋へ行くことにしました。

そして、また聞かれました。

なんだっけ。トニックって。頭の中には再びぐるぐると、「トニック・ザ・ヘッジ・ホック」という謎の言葉が暴れまわってる。デジャブだ。前にも味わったぞこの雰囲気。とりあえず忘れたけど、つけてもらうことにしよう。




ちなみにその後「ミントシャンプーは使いますか? 5と10があるんですが?」と聞かれました。
「5? 10? なんですか?」と聞き返すと、「5は今まで通りのモノ、10は最近出た、新しいもので強烈な方です」と言われ、「では10で」ということでお願いすることにしました。

頭がまた、スースーしました。

ちなみに、会計の時に、ミントシャンプー代金 500円 が上乗せされてました。


次もやってもらうか…。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月19日

高校時代、大学時代、社会人で聞いた・体験した「スメハラ」な話

先日、Twitter上で「『あなたはクサい』というと、言った方が加害者になるが、『それはスメハラだ』というと、言った方が被害者になる」というツイートを見かけて、ふと思い出した「スメハラ」な話があったので書こうかと思います。

高校の頃、出席番号の近かった同級生が、クサいわけではないが、気になる体臭を放っていました。
今から思えば、ある種の、さほど雑菌がついていない状態の汗の臭いだったわけですが、当時は経験不足から、そうと認識できず「変なにおいをさせるやつだな」という印象を持つのみでした。

大学受験に差し掛かった時、話題話だか本気の話だかわからないけど、「大学受験の一週間前くらいから、風呂に入らないことにより、強烈な体臭を発生させ、自分の周囲の人間の成績を落として、相対的に志望校に受かりやすくする」テクニックがあるという話をしている人がいました。

本気かどうかは分かりませんが、人間、ホンキになればそれくらいのことをする人もいるんだろうなとは思ったりもしましたが、今から思えば、本人も、体中がかゆくて試験に集中できない気もしますね。

大学に入った後、ほとんどの日を、強烈な体臭をまき散らしながら過ごしている友人がいました。
金銭的な都合か、本人の習慣かはわかりませんが、おそらく1か月に1回くらいの頻度でしか風呂に入らなかったんでしょうね。
体臭は強烈ではありましたが、それ以外にはあまり問題がなかったこともあり、自分も周囲の人間も、あまり問題にはしていませんでした。
考えてみれば、大学には日本各地から様々な人が集まってきており、訛りがキツくて会話の通じにくい人がいたり、年齢が上の人がいたり、新聞配達の苦学生で濃厚な経験を話してくれる人がいたり、…とそれぞれ強烈な個性の持ち主が多く、「濃厚な体臭の持ち主」程度のことなど「個性」の一言で片づけられてしまう程度のことだったのかもしれません。

社会人になった後、1年目のとき、配属後しばらくしてから、会社を休みがちになった3年目の先輩がいました。
たまに出社するようになった後あたりから、強烈な体臭を放ち始めるようになりました。
今から考えてみれば、「適応障害」だったり「うつ」だったりから、「風呂に入ることも面倒くさい」状態につながっていたんだろうなと思えるわけですが、当時はそんな知識はありませんでしたから、ただ臭い人というイメージしか持てませんでした。

会社で強烈な体臭を放つとなると、女性社員からも嫌がられるわけで、見かねた他の社員から「臭いがきついからお風呂入ってこようよ」とアドバイスをされたら、その翌日から出社しなくなり、そのまま会社を辞めてしまったようで。

冒頭に「『あなたはクサい』というと、言った方が加害者になるが、『それはスメハラだ』というと、言った方が被害者になる」と書いたのですが、この場合は前者のパターンになってしまったと言えるのかもしれません。

当時はまだ「スメハラ」という言葉はありませんでしたけどね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記