2019年11月04日

「愛されるデバイスづくり」を意識するとき

大学に入学してすぐ(1999年)のとき、大学から、学生に1人1台、ノートPCが貸与されました。
東芝のDynabookでした。

1999年ごろなので、入っているOSは、Windows 98。
かなり不安定で、スリープしたら絶対に復帰しないし(電源を切るしかない)、スタートボタンを押すとKernel32.dllが何かを起こしてエラーが発生したというダイアログが出たっきり、ウンともスンとも言わなくなる現象が多発していました。

なので当時は、フリーズすることを揶揄して「カーネル32」と呼んでいたと記憶してします。
あるいは、不安定なPC環境そのものを指して「カーネル32」と呼んでいたんだったか。
とにかく、ロクなもんじゃなかったです。

ただ、同じ学部内の別の学科の学生だったと思いますが、貸与されたノートPCを毎日持ち歩き、休み時間等に慈しむように使っている様子をよく見ていました。その人の環境がどの程度不安定だったのかは分かりませんが、おそらく、初めてPCというものに触れて、その素晴らしさに感化されていたのでしょう。まさしく、「愛されるデバイス」だったんだろうなと思います。

その後、小型でも中型でも大型でも、デバイスに慈しむような感情を抱くには、どういうデバイスづくりが必要になるのか、ということが、ふとした拍子に頭に浮かぶようになりました。

ひと昔前なら、お気に入りのガラケーを手に入れたとき、最近ならスマホでもよいかもしれません。
スティック型のPCや、Raspberry Piのような小型のデバイス、あるいは、スマートウォッチとかもそうかもしれません。

この使っている一瞬一瞬を慈しむように過ごし、楽しみ、なにか感情のようなものを重ねてしまうようなデバイスっていうか、なんというか。

小学校の時に使う彫刻刀みたいな、ただ道具として使う、というわけではなくて、その道具そのものに愛情みたいなものを感じる、みたいな感じですかね。

(もちろん、彫刻刀を使うプロの作家の方は、彫刻刀に愛情を注ぐでしょうし、プロの料理人は包丁やフライパン等に愛情を注ぐかもしれないので、デバイスに限った話ではないかもしれません)

この考えを発展させて、愛されるプログラム作り、みたいなこともできますかね。
exeを起動する瞬間にいとおしさを感じてみたり、なんかこう、マウスを動かす一瞬一瞬を慈しむように過ごし、楽しみ、なにか感情のようなものを重ねてしまうような感じになるような。

デバイスづくりだと自分の領域にはなりませんが、プログラム作りなら自分の領域になるので、なんかそういう考えができればすごいものができそう、とか思ったりすることがあります。





posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年11月03日

にわかとビギナーという話を聞いて、小学校の時の先生の話を思い出した

ラグビーワールドカップも終わりまして、日本ではその盛り上がりから、「にわか」ファンが増えて喜ばしい(「にわか」ファンが増えれば、その下支えにより、本当のファンの人数も増えるはずだから)という話題になっていました。

ただ、ラジオ番組で伊集院光さんが「にわか」という言葉ではなく「ビギナー」という言葉を使うべき、ということをおっしゃっていました。
「にわか」には悪い印象のイメージがあって、どちらかというと「にわか」ファンと呼ぶのはよくない印象を抱かせてしまうため。

それを聞いて、ふと、小学校4年の時の担任の先生が「あだ名とニックネーム」という話をしていたのを思い出しました。
当時、自分を含めてクラスメイトのほとんどは、「あだ名」と「ニックネーム」は同じだという認識でしたが、その先生が言うには、「あだ名」というのは、本人が嫌がるもの/悪いものであり、「ニックネーム」は本人が好ましく思うもの/良いものであるということ。なので、みなさんは、友達に対しては、「あだ名」ではなく「ニックネーム」をつけてあげるようにしましょう、ということでした。

この言葉は長く自分の心に刻み込まれていましたが、しかしながら一般的には「あだ名」と「ニックネーム」は同一のものとして扱われている様子も多く観てきました。っていうか、普通は同じに扱うかと思います。なので、この話は、先生が「好ましくない呼び名で呼ばれている児童を、準いじめ状態から解放する」ための過程、プロセスみたいなものだったのかな、と思うようになっています。

で、改めて「あだ名」(愛称)を調べてみると、「あだな」を「渾名・綽名」と書いた場合は、特に、良いとか悪いとかいう付加的な意味はありません。これは、ニックネームと同じ。
それに対し、「あだな」を「仇名・徒名」と書いた場合は、悪評、事実無根の評判、男女関係についての噂を意味するということで、悪い付加的意味が加わるようです。

というわけで、あの時のエピソードは、「仇名・徒名」ではなく「渾名・綽名」を友達につけてあげましょう、というふうに読み替えて解釈することにしたいと思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月02日

複数の夢の中で、何度も同じ場所を訪れることはあるか?という投稿を見かけて

先日、SNS上で、複数の夢の中で、何度も同じ場所を訪れることはあるか?といったような投稿を見かけました。
夢は記憶に残りづらいため、なかなか記憶をたどるのは難しいのですが、印象に残っているものとしては、3回、同じ場所の夢をみた記憶はあります。

ただし、その場所は現実には存在しない…はず。

その夢をみていた時期は、大学卒業から、社会人に就職してあまり期間が経過していないころだったかと思います。
場所は、大学のキャンパス内で、どこかの広場みたいな場所です。
おそらく、自分の出身大学なのだと思うのですが、夢の中で見たことのあるような場所を現実に見たことはありません。おそらく、現実には存在しない場所です。

1度目は、登校中でした。
なぜか、平日は社会人として働き、土曜日だけ講義を受けに通っているという設定で、友人と会話しながらその場所を通りました。
2回目も、多分そんな感じだったと思います。

ところが3回目は様子が変わり、自分以外に生きている人間が誰もいませんでした。
あたりを見回すと、たぶん、死体と思われるものがたくさん転がっているのですが、特に恐怖を感じることもなく、その場を通過していました。おそらく、土曜日の講義を受けるために、その場所を通過していたんだと思います。

それ以降、その場所の夢をみることはなくなりました。
(少なくとも、記憶には残っていません)

最初の2回については、社会人生活が大変で、モラトリアムな大学生活に戻りたい思いが強かったのかもしれません。
3回目については、意味不明でした。夢の中では恐怖を感じたりはしていませんでしたが、起きて、思い返すと、なんとも不気味な夢でした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記