2017年02月06日

急にRaspberry Piが欲しくなりました3…カメラモジュール

先月末に、急にRaspberry Piが欲しくなって購入し、Linux ServerとかDesktop環境としての遊び方も楽しみつつ、電子工作の真似事をしてLチカを試したりなんかもしてみたりした件のその後。

その後、VPN環境を構築して自宅外からアクセスしてメインPCにWake on LANを送って電源を入れてみたり、DLNAのサーバにしてメディアサーバにしてみたり、温度・湿度センサを付けて息を吹きかけて遊んでみたり、可変抵抗をグリグリ回してA/Dコンバータの有り難みを噛みしめてみたり…と、色々楽しんでおりました。

で、ところで基板上に「CAMERA」という文字が入っているのは何だろう?と思い、調べてみたところ、専用のカメラモジュールがあるらしいということに気づきました。Amazonだと、安いもので1600円くらいで買えるみたいですね。
長持ちは期待していないので、とりあえず安いヤツでいいかなと思い、気軽に購入してみることにしました。

IMG_2042.JPG

右中央あたりにある、CAMERAと書かれた、基板上から突き出ている部分にグサリと差し込みます。

IMG_2043.JPG

差し込んでみたところ。

思った以上に苦労しました。Raspberry Piを購入して以来、苦労したのはこれが初めてかもしれない。

カメラの基板上の部品(SUMMYと書かれた部分)が外れかけていて認識しなかったり(この品質が1600円か!)、それと気づかず、試しにケーブルを逆刺ししてみてもっとエラーの量が増えたり、raspi-config上のCamera設定の場所が(参考サイトに書いてある)従来のバージョンと異なっていて、どこにあるのか探すのに苦労したり…とか、色々ありましたけど、なんとか接続できました。

raspi_jidori.jpg

Raspberry PiがRaspberry Pi自身をセルフィー(自撮り)。
多分うちでこれができるのは、Raspberry Piくらいだろうなぁ。

デジカメはそれ自身を撮影できないし、スマホもそれ自身を撮影できないし。

その後、MJPG-Streamerで、リアルタイムに静止画配信・動画配信する方法も試しました。
これ、自室(PC部屋)の監視カメラとして実用的に使えそうですね。
カメラの基板がむきだしなのは、ちょっと気になるけど。ホコリを被ったら酷いことになるかもしれない。

MJPG-Streamerを常駐させたときの消費電力と温度上昇も気になりますね。
夏場は耐えられないかもしれない。
卓上扇風機を回したら、カメラがグラングラン揺れてしまうかもしれない。

実用まではあと一歩ってところですね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年02月05日

ポチと!ヨッシーウールワールド、ようやく終了(やりこみ以外)

先月、発売日にダウンロード購入して、プレイし続けていた「ポチと!ヨッシーウールワールド」ですが、とりあえず、最終ステージまでクリアしました。

IMG_2045.JPG

毛糸玉に囲まれた、見た目が優しい世界とは裏腹に、ヒジョーにキビしいステージも多くありましたけど、なんとか、最後まで行けました。
ただし、

IMG_2047.JPG

「やりこみ要素」に関する総合成績はこんな感じ。

基本的にバッチは使いませんでしたので、ビーズは消費していません。
それ以外については、ほとんど集まっていないですね。前半こそ頑張っていたこともありましたけど、後半はステージをクリアすること自体でいっぱいいっぱいになってしまっていました。

「やりこみ要素」の追求は、これからの課題です。

posted by ayacy at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2017年02月04日

ドクター・ストレンジを観てきました

一昨日の夜のラジオで、ドクター・ストレンジの話題が少し取り上げられていたのを聞いて、非常に観に行きたくなってきまして、急遽観てくることにしました。

IMG_2041.JPG

マーベル作品であり、今後、アベンジャーズに合流することが約束されている作品。なので、確実に観ておかないといけないなぁ、と。
また、今回は、スタン・リーがどこで登場するのかな?というのも気になりつつ観ていました。

「ファンタスティック・ビースト」のときもそうでしたけど、魔法を描くために、非常に高度な科学技術(CG技術)を使って描いているってのが、なんとも面白いことではあります。

事前の予告にもあるとおり、主人公のドクター・ストレンジは優秀な医者であり、傲慢なのですが、ある事故がきっかけで手の自由を失い、医者でいることが出来なくなってしまう。
が、魔法の力に救いを求め、優秀な魔法使いになる・・・んで、ドッタバッタと悪人を倒すヒーローに。
もう、この世界では、アベンジャーズの存在は公然のものとして知られているので、アベンジャーズを踏まえて、自分たちの存在は何なのかが定義されています。これもまた興味深いことです。

で、悩みもあるし、色々な人との出会いもあるし、悪人との出会いもあるし、悪人になりそうな善人過ぎる人もいるし、バスに乗ったスタン・リーもいるし、・・・最後には奇想天外な発想で悪を退けます。こういうの、いいですよね。

最後には、アベンジャーズのヒーローが一人登場し「... will return」の言葉も出てきて、アベンジャーズの世界は今後どんどん混沌としていくなぁと思わせてくれます。

なお、予告編では、この夏に、アベンジャーズとしての「スパイダーマン」の映画が登場し、アイアンマンとタッグを組むようなことを流していました。こっちもこっちで楽しみです。

元々、映画の「スパイダーマン」はソニー・ピクチャーズが権利を持っているのに対し、映画のアイアンマン等のシリーズはマーベル(ディズニー)が権利を持っていたんだったと思いますが、アベンジャーズのために集合するとなれば、ヒーロー達は映画会社の枠組みを超えてでも協力し合ってくれるんですね。今後も目が離せません。


posted by ayacy at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画