2017年10月08日

時間とお金と理解があればやりたいこと

時間とお金と理解があればやりたいこと。
最近、家に帰っても趣味をする時間が全く取れないので、なかなかフリーソフト開発ができていないですね。

加えて、スマホやタブレットの普及により、PC利用者人口が減って、Windows用のフリーソフトの需要がみるみる減少していっている感覚もあります。実際、自分自身がPCを使わなくなってきているので、「PCを使っていて不便だと思ったことをソフト開発で実現する」というサイクルが消滅しているのかもしれない。

そんな中で、もし時間とお金が余っていたらやりたいこと。

  • 全常駐ソフトの統合
  • MAXBRASTERのWindows版製作

やってみたい。
ただ、どちらも、必要になる時間が半端なく多いし、後者はキャラクター作りとかで発注費用も必要になるし…。
とりあえず、夢を語っておくだけはタダだから、語っておきます。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2017年10月07日

ふと思い出した、転勤の話

先日、朝のラジオ番組を聞いていたら、こんなテーマでメッセージ募集をしていたのを思い出しまして。のシリーズ。

同僚が来月から転勤になるということで、お別れ会を開いた翌日、上司から「ちょっと明日から、炎上プロジェクトの支援に行って欲しい」と言われ、支援に行きました。

翌月になると、先日お別れ会を開いた同僚が転勤してきました。
あれ?なぜかまた会いましたね?と。

なぜか僕が色々、その人に仕事の内容を伝えることになりました。
3ヶ月後、プロジェクトが落ち着いてきたということで、同僚は再び別の場所へ転勤して行きました。
僕の支援はもう少し続き、半月後、元の職場に戻りました。

すると、先日お別れを下はずの同僚が、先に戻ってきていました。
転勤先は元の職場だったらしい。

うーん、なんだろうな、僕はお別れ会なんてしてもらっていないのに・・・、その人よりも長く、あっちの職場に行っていたってのは。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ

2017年10月06日

Twitter誤停止問題が最近、プログラマ界隈に波及してきているというのが怖い

最近、Twitterアカウントを誤停止されてしまうケースが増えているという。怖い。
中には、かなり酷いヘイトスピーチをしている人がいて、止められているケースもあるそうなので、正しく止められていることもあるのかもしれないけど。

この前、Facebookに流れてきた記事を読んでいたら、ある人は、アカウントが自動的に凍結させられ、異議申し立てを受け付けてもらえなかったのでTwitterの日本支社に直接文句を言いに行ってみたら、10年くらい前に、ネットスラング的に「おまえ殺してやるー」みたいなことを友人とふざけて言い合っていた会話をAIが自動抽出して、凍結させられたとか、なんとかとか。

Twitter日本支社は、「蚊を殺す」程度では凍結しないと宣言しているそうだが、おそらく文字通り「蚊を殺す」というワードを除外対象にしているというだけで、実際には、他の「殺す」関連の言葉は自動凍結の対象にしてしまっているのだろう。おそらく、マンパワーが追いついていない。

最近はプログラマ業界にも波及しているという。
プログラマは、プロセスを殺すとか、スレッドを殺すとかいう言葉を普通に日常的に使うから、誤検知率も高そう。

現在読んでいる本でも、プログラマはkillなんとかとか、なんとかor die;みたいなことを日常用語のようにして使ったりするし。
何の本を読んでいるかは、来週前半あたりに紹介できるかと思います。


posted by ayacy at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット