2019年02月23日

上野東京ラインの緊急停止ボタンで痛い目に遭った人を見た話。アレ?そのボタンの名前違う?

今月6日のこと。
上野東京ラインに乗っていて、もうすぐ東京に到着する頃でした。

車両の隅っこで、何かドタバタ慌てた感じがあり、その後、少ししてから電車は緊急停車。
緊急停車してすぐに、社内の蛍光灯が消え、電光掲示板も消えました。
少ししてから、誰かと車掌さんと話す声が聞こえました。

人が倒れました
どんな様子ですか?
倒れた後、今は座っています。次の東京駅まではなんとかなるそうなので、走り始めて下さい
次の東京駅まではなんとかなりますね?
はい

東京駅までは、あと数分で着くくらいの頃だったので、このまま走り出すのかな?と思っていたのですが、なかなか走り出しません。
しばらくすると放送が流れ、列車が停止してはいけない位置に停止したこと、安全確認が必要であることが告げられました。
そのまま待つこと10分少々。
ようやく電車は動き出し、10分以上の遅れで東京駅へ到着しました。

この電車の遅れについて、誰か悪いことをしたのかと言えば、そういうわけでもない。
ただ、勇気のある人は、あるいは勇気を振り絞った人が、倒れた人を見付け、果敢に緊急停止ボタンを押しただけ。

その結果、何が起きたかといえば、何もしなければあと少しで着くはずだった東京駅に、10分以上遅れて到着した。
倒れた方の苦しみが10分延びてしまった。

もうすぐ次の駅に着くのであれば、緊急停止ボタンを押さない方が、より正しい選択なんじゃないか?とも思えます。
しかし、満員電車の中で、あとどれくらいで次の駅に着くかはわかりにくいですし、そもそも、とっさの判断でそんなことを考える余裕があるかどうかも怪しい。
なにかこう、とっさに選べる、より良い方法が選択肢として提示されるべきでは?と思った、2月6日でした。

そこあと見かけたこちらの記事がありました。

体調の悪い方がいます!緊急停止ボタンを押してください!」という女性の大きな声が響きました。で始まるこちらの記事。

緊急停止ボタンを押させない圧力を掛ける周りの大人達、あまりにも押されないボタンについて書かれた記事になります。


続きを読む
posted by ayacy at 00:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月17日

石油ファンヒーターが壊れて買換え。忠告された「古い灯油」ってどれくらいのものを指すんだろう

2月中旬。石油ファンヒーターが壊れました。
完全に使えなくなったわけではないのですが、今までは一度も出てくることのなかった換気サインが数十分に一度という高頻度で出てくるようになりました。
さすがに、今年で9年目なので、寿命でしょうかね。

後日書きますが、居間のテレビ(同じく9年目)もおかしな感じなので、時期的に家中の家電が壊れてくる時期なのかもしれません。
お金ないのに…。
だれか、アマゾンギフト券、送ってー。

さて、土日を使って石油ファンヒーターを買いに行きました。
家電量販店では冬物処分セールをやっているのではないかという目論見で、少しは安く買えることを期待していたのですが…。

冬物処分セールをやり終わっていたらしい。

ビックカメラでは売り切れ。店員さん曰く、「昨日までは売っていたんですけどね〜。こちらのセラミックファンヒーターならあるのですが…」とのこと。

ヨドバシカメラでも売り切れ。店員さん曰く、「昨日までは売っていたんですけどね〜。」とのこと。
みんな、昨日までは売っていたのか。
まさか、明日行っても、「昨日まで売っていた」と言われるんじゃ無かろうな…。

なお、ヨドバシカメラでは、夏物処分セールで扇風機なども売っていました。

で、結局、帰りがけに寄ったホームセンター ホームズで購入できました。

20190217_stobu.jpg

冬物処分セール価格で1万円を切るこのお値段。まぁ、消費税を加えたら1万円を越えますけどね。

さっそく、買って帰ることにしました。
が、その時、店員さんから、気になることを言われまして。


続きを読む
posted by ayacy at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月15日

始めて屋外でスマホを落としたら、パキりっ

火曜日の朝、ゴミ出しをしていたところ、ふとした拍子にスマホがポケットから落ちていきました。
砂利の上にスマホの画面側が落下

B39DA114-0C19-436E-9C7E-5D5F6E23019D.jpeg

パキりっ!と。

ただ、幸いなことに、割れたのは表面に貼り付けていた保護シート(フィルム)であり、本体の方は無事でした。
今年の運を全部使い切っちゃったかもしれない。

屋外でスマホを落としたのは初めてだし、こんなことで保護シートが大活躍したのも始めて。
保険のためと思って貼り付けていましたが、やっぱり保険は大事ですね。
(同じ保険でも、AppleCareの方は一度も行使したことがないのがちょっとアレですが)

さて、そんなわけで、即日で家電量販店に行きまして、新しい保護シートを買ってきました。

201902_garasusito.jpeg

なんだか、最高硬度という響きに魅力を覚えまして。
指滑りも快適らしいし。

というわけで、早速貼ってみました。

が、どういうわけだか、シートを取り出した途端に、粘着面に部屋内のホコリがみるみるくっついていきまして……、そして、全然取れない。
取ろうとすると、どんどんホコリの量が増えていく。
非常にマズイことになりました。
1280円を、いきなりドブに捨ててしまいました。

たしか、保護シートの貼り付けは、ほこりの少ない「風呂場でやれ」というのが鉄則でしたが、すっかり忘れていました。
次は風呂場で貼り付けます。

とりあえず、新しい保護シートは別途買い直しをすることとして、ひとまず、このホコリまみれのシートを貼り付けまして。

実際に使ってみたのですが、「光沢コート」と書いてあるだけあって、反射が激しい。
天井のLED照明をすごい勢いで反射してしまって画面が見づらい。
画面が暗転した途端に、疲れたおっさんの顔(※自分)のが映り込んで、ビックリさせられる。

うーん、ホコリが入り込まなくても、これは買い換えパターンでした。
指がスルスル動くところは、良いんだけどなぁ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ