2020年10月21日

先週見た夢と、スピルバーグ監督の宇宙モノの映画を借りてきた話

そういえば、まだしっかりと観たことはなかったなと思い、スピルバーグ監督の「未知との遭遇」のDVDを借りてくることにしました。

202010_michitonosogu.jpg

原語でのタイトルは「CLOSE(接近) ENCOUNTERS(遭遇) OF THE THIRD KIND(第三種)」ということで、「第三種接近遭遇」というタイトルなんですね。

地球外の知的生命体の乗る宇宙船を間近で観察できることが「第一種」接近遭遇。
地球外の知的生命体の乗る宇宙船の影響が、何らかの形で地球上の人やモノに影響を与えることが「第二種」接近遭遇。
地球外の知的生命体と、知的なコンタクト(搭乗員との接触)をとる段階が「第三種」接近遭遇なんだそうで。

これを借りることになったきっかけは、ふとしたことで、E.T.(同じくスピルバーグ監督の、宇宙人の子供と地球人の子供の心の交流を描く、自転車に乗って空を飛ぶアレですね)に出てくる宇宙人のことを聞いたことがきっかけ。

E.T.に登場する宇宙人は「野菜型宇宙人」なんだそうですね。いや、サイヤ人とかそういうのではなく、「植物の実」の部分が知的に進化した植物型人間なんだそうで。地球の重力は重いので、地球上では常時しゃがんだような体勢を取っているのだとか。

で、そのことを聞いた翌日に夢を見まして。

自宅の台所に「テヅルモヅル」が忍び込んでいて、排除しようとしたら、しゃべりだしたんです。
「実は自分は、この家に住む女の子と仲良しで、いっしょに遊んでいたんだ」とか。

実は彼(?)は、「テヅルモヅル型宇宙人」であり、人間の形に変形することができて、人間の子供と心を交流したり、遊んだりすることができるのだとか。

うーん、我が家の長女(小2)が、宇宙人とコンタクトをとり、そんな秘密を抱えていたとは!と思ったところで、目が覚めました。

なんでよりによって、テヅルモヅルだったんだ…。

というわけで、E.T.を借りようと思ったのですが、E.T.が貸出中になっており、仕方なく、まだしっかり観たことのない、第三種接近遭遇こと「未知との遭遇」を借りることにしました。

今度は、E.T.も借ります。
あと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画「メッセージ」(Arrival)(こちらは「ばかうけ型宇宙人」?)も借りておきたい。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年10月20日

いくつかの分野の有名どころの本をまとめて買ってきた。とりあえず養老孟子×伊集院光からか。

「らくがきちょう」を買いたいと思ったものの、なかなか見つからず、あちこちの店を回っていました。
最終的には、アカチャンホンポで見つけたのですが、アカチャンホンポにたどり着くまでの間に本屋にも立ち寄りまして、「そういえば最近、あまり本(物理)を買っていないな」と思って、いくつかの分野の有名どころの本をまとめて買ってみることにしました。

202010_yumedokoro.jpg

ザッと。

■「サピエンス全史」の、とりあえず上巻。面白かったら下巻も買う。
例えば「猫」といったとき、猫に分類される動物は多数種類存在するが、「人類」というとホモ・サピエンスしかいない。実は、人類に分類される他のホモ・なんとか達は、みな、ホモ・サピエンスに滅ぼされてしまったらしい。

■「ゴミ清掃員の日常」(ミライ編)は、芸人であるマシンガンズ滝沢さんが、アルバイトのゴミ清掃員をしていた得た気付きをマンガにしたもの。作画は奧さん。

■「世間とズレちゃうのはしょうがない」は、養老孟子さんと伊集院光さんの対談を2年かけて書籍化したもの。
ラジオで宣伝されていたのを聞いて興味を持ちました。

■「怖い間取り」(1巻)は、最近、亀梨和也さんが主演で映画化されたことでも有名になりました。事故物件芸人の松原タニシさんの本。

■「ナオキマン ヤバイ日本の秘密」は、ユーチューバーのナオキマンさんが「ヤバイ世界の秘密」の次に出した書籍。「ヤバイ世界のヒミツ」は、自身のYouTube動画をまとめたものだったけど、こちらはどうなんでしょう。

(ちなみに、少年誌漫画の分野については、先日、鬼滅の刃全巻を電子書籍で買ったので省略)
それぞれの本を順番に読むので、読み始めるまでが積読(つんどく)になってしまうのがもったいないですね。

ひとまず、養老孟子×伊集院光の「世間とズレちゃうのはしょうがない」から読み始めようかと思います。


あと、YouTube関連だと、もし置いてあれば、もう一冊買いたいものがあったのですが、今回は残念ながら見つかりませんでした。
ホラーエンターテインメントプログラム!な感じのやつなんですが、まぁ、今度見つかれば、買おうかと思います。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年10月19日

昨日見た夢。なぜかマンガ家になっていて、ネタ出しに苦しんでいるという夢

昨日見た夢ですが、どういうわけだか、自分の職業は「漫画家」でした。
ただ、次回作をどうしようか、自宅で寝っ転がりながらずっと悩んでいるという夢でした。

ふと、家族(現実の家族ではない誰か)から、「ダンキくん」(もしかしたら「ダル気くん」だったかも?)というのはどうだろう?というアイディアを出され、よし!それで行こう!と決めたというところが目が覚めました。

頭の中には、サボリ癖のある少年(見た目は「おそ松さん」のおそ松)が浮かんでいて、ダラダラしている日常から起こり始めるハプニングの話を書くつもりでいたようです。

もしかしたらマンガではなくて小説を書こうとしていたかもしれません。
まぁ、現実には自分は漫画家でもなければ小説家でもないので、どっちでもいいんですけどね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記