2019年04月25日

あまりにも評判の悪かった「テラフォーマーズ」実写映画が気になって

実写映画の「テラフォーマーズ」の評判があまりにも低いということが気になりまして、ちょっと観てみたくなりました。

201904_terafo.jpg

過去に「つまらない映画」というと、次の2本を挙げておりました。

  • 観ていてイライラしてきた「ゲド戦記」。原作者も激怒したとか。
  • なぜ版権買ってあんなことになっちゃったのか「ドラゴンボール エボリューション」ホイポイカプセルの映像はすごかったけど。

それと、映画館で映画を観ていて寝てしまった、2011年の「長ぐつをはいたネコ」(吹き替え:竹中直人)ってのもあったけど、まぁ今回はいいや。それから、実写映画の「ひぐらし…」まぁ、それもいいや。あと「ハンコック」…も、いいや。

で、観てみた結果としては、あまりにもつまらないつまらないと言われてしまっていたせいか、まぁまぁ面白かったんじゃないかなとか思えました。特に、花カマキリに変身した小池栄子がかわいらしくてvery good!

まぁ、チョイ役を含め、かなり豪華俳優陣を集めた割に、こんだけ?的なところなかったかと言われれば…まぁ、なかったわけではないですけどね。そんな、言われているほど超つまんねー的な感じではなかったと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年04月24日

DAISOの300円マウス。残念ながら品質にバラツキがあった模様

仕事での持ち歩き用に、薄い物を購入したかったため、安いし目的に合致するし、ちょうど良いかなぁ、と。

まぁ、接地面の材質とか、宙に浮かせたときの反応の仕方に難はあるものの、総合評価としては、使える感じでした。

20190310_wmouse3.jpeg20190310_wmouse4.jpeg

なので、小学校に入学したての長女にRaspberry Piをプレゼントするに当たって、このマウスのピンク色の物を渡すことにしました。

20190424_rspi_mouse.jpeg

というわけで、白とピンクの300円マウスが並びました。

20190424_daiso_mouse.jpeg

ところが、全く同じように見える二つの300円マウスなのですが、新しく購入した左の方(ピンク)は、なんだか思い通りの動きをしてくれません。
マウスを動かし始めるときに、ゆっくり動き始めるみたいな、加速するような動きをします。
マウスを止めるときも、すぐに止まらず、減速するような動きをします。

以前に購入した右の方(白)につなぎ替えると、そんな動きはしないので、新しく購入した左の方(ピンク)の固体差というか、固有の問題のようです。
(ホイールの下に、速度調整用のボタンがありますが、これを押しても、加速/減速的な動きはなくなりませんでした)

というわけで、さすがにこんな状態を長女に使わせ続けるわけにはいかないため、とりあえずAmazonで新しいモノを買うことにしました。

20190424_chantoshita_mouse.jpeg

長女のチョイスで。


こちらは、思い通りの動き(動くときはちゃんと動き始め、止まるときはピタッととまる)をしてくれることが確認できまして、一安心です。


posted by ayacy at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年04月23日

「全くその通りですね」という言葉が普通に使われるようになって来た気がする

先日、夜にマジメなラジオを聞いていたら、ゲストに出てきた学者の先生が「全くその通りですね」ということを言っていました。
別の日に、別のゲストの方(けっこうエライ人)も、そう言っていました。

一昔前であれば、「全く」の後に肯定の言葉を書こうもんなら、すぐに「全くの後には否定の言葉しかこないぞ!」(「全く〜ない」、という用法しかない)と、すぐさま批判が飛んできたもんでしょうけど、今では、「全く」の後に肯定の言葉が来たら、「とても」とか「非常に」よりも、さらに強めの強調を行うための修飾語という扱いになることが定着してきたようです。

同じように、テレビやラジオではわかりませんが、ネット上のコメントなどでは「◯◯み」を普通に見るようになってきました。

「強み」「弱み」「渋み」「哀れみ」「憎しみ」のような、本来「み」を付けられる形容詞だけでなく、「眠み」「分かりみ」のように、本来「み」を付けられない形容詞にも「み」を付けてしまう用法ですね。

「眠みがある」「分かりみが深い」というように使うそうです。

細かいニュアンスは分かりませんが、「眠みがある」と言った場合、(自分が)「眠い」「眠気がくる」よりも、自己責任外の眠さが襲ってくるような感覚があるとか、ないとか。

「分かりみが深い」についても同じく。
「分かりやすい」だと「主語は自分」(自分にとって分かりやすい)というニュアンスが含まれるそうなのですが、「分かりみが深い」だと、「誰にとっても(分かりやすい)」というニュアンスが含まれるんだとか。

よく分かりませんが、そうらしいです。

と、こういう言葉も、10年後には普通に、大人も使うようになっていそうですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記