2018年01月24日

違法無料物と戦う漫画業界とフリーライドに思うこと

昨日は少し早めに帰宅して、ある動画変換ソフトのステータスバーの値が変わったら、次の操作(ファイルコピー)を自動実行するようなツールを自作しようと意気込んでいたのだが、その動画変換ソフトのステータスバーは独自描画だったので検出できず。無念…。

(このアプローチについては無念だったのですが、寄せられたコメントで、プロセスの終了を検知して継続動作を作ることができることに気づきましたので、問題は解決しました)

無念ついでにTwitterを眺めていたのですが、「漫画村」というキーワードが目に付くようになっていたので、追っていました。
どうやら、著作権者に無断で、無料で漫画を公開している違法(脱法?)サイトらしいですね。
そういえば以前にもこの件を気にしかけていたことがあったのを、ちょっと思い出しました。

で、色々見てみると、

  • そもそも違法と認識していないユーザーが多そう。
    (法の網の目をくぐり抜けて脱法と述べている人もいるが、詳細は不明)
  • 無料だから当然こっちの方が便利と思うだろう。
  • 違法なこともそうだが、ウイルスやワームの感染源になっていることの周知が必要。
  • 違法以前の問題として、漫画家や編集者が食っていけなくなり、漫画文化が衰退していくことに、ユーザーは気づいていない。

等々。まぁ、違法なのでそもそも良くないことなのですが、それでも人はなぜか、違法物でも見ようとするのはなぜなのか。
アニメを見れば、アニメ開始時に画面下に「最近違法にネットにアップしている奴がいる」と表示されるとか、映画を観に行けば「映画泥棒」の映像を見せられるとか、とにかく違法物との戦いは後を絶ちません。

で、今日気になったのは、この意見でした。
狂った意見のように見えそうにもなるけど、もしかするとこれが自体の本質なんじゃないかなぁとも思えてきたり。


結局の所、「その場で快楽を得る」手段が得られれば良いだけで、適法かどうかとか、文化が潰れるとか気にしていたりしない。
違法サイトが原因で漫画が潰れても別の漫画に乗り換えるし(そもそも漫画が潰れたことにも気づかない)。
漫画文化が潰れても、他の快楽を得る手段に移るだけで、漫画文化があったことすら気にしない。気づかない。

世の中、これだけ快楽手段が溢れてしまっていますからね。ユーザーの時間を、映画、テレビ、音楽、ゲーム、スマホ、…など、様々な快楽が奪い合っている状況です。
現在の状態を「満腹の王様に食事を提供しあっている状態」なんて揶揄する人もいますけど、現在の社会における快楽手段提供の状況って案外そんなもんなのかも知れません。
そんな中の一つの存在「漫画」が、文化の存続をかけて/適法性をかけて呼びかけをしても、あまり効果がないのかも知れません。

なぜそう感じたかというと、理由は2つ。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2018年01月23日

大雪の影響。エアコンが寒い

昨日は、以前から予報されていたとおり、大雪が降りました。
2013年以来(5年ぶり)とか、1984年以来(34年ぶり)とも言われる大雪だそうです。
ラニーニャ現象、黒潮の蛇行など、今年特有の様々な事情があって、予報通りというか、予報を越えるほどの大雪が降っているとのこと。
黒潮の蛇行が気象に与える影響については、ちょうど今週日曜日に、NHKのサイエンス・ゼロで放送していた内容でした。ちょうど良いタイミングの放送でした。

さすがに会社をお休みすることはできませんでしたが、自分が主催になっている午後の会議を午前にずらしまして、夕方に予定されていた課の会議を中止にするよう進言し、仕事に一区切り付いた15時くらいには退社しました。今こそBCPということで、持ち出しを許可されている会社PCを持って帰りまして、残りは在宅勤務です。

帰りの電車は、通勤ラッシュくらい混んでいたので、多くの人は、早期帰宅を選択できたようでした。
それでも17時頃は、品川駅大混乱の様子がTwitterで流れてくるなど、帰宅困難の様子が見て取れました。

今日の朝も、電車が動いているとは限りませんので、場合によっては在宅勤務でしょうね。
ちなみに、今日は気温が10℃くらいまで上がるらしいので、溶けかけた雪が上からドサッと落ちてきてケガをしないように注意が必要だそうですし。青空が見えたからといって、安心はできませんね。

ところで、BCPのために自宅に作業部屋を設けているのですが、作業部屋のエアコンの効きが悪いような気がする。
運転ランプが点滅してる。室外機が霜取りをしているっぽい。

シャープのTwitterアカウントで、室外機と雪の関係のページ(ダイキン)を紹介していました。
少なくとも室外機の回りは除雪が必要か…。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月22日

今日は大雪。いっそのこと官房長官あたりが電車を止めるとか英断を下してくれないか

先日、新潟県のJR信越線で、大雪の中で電車が立ち往生し、乗客の方たちの苦労と、JR職員の方々の多大なる苦労についてのニュースが報じられました。

で、今日は関東地方で大雪が降る予定。
10時頃から雨か雪が降り始め、午後から本格的に降り、都内では最大10cmの降雪が予報され、気象庁では警戒を呼びかけているとのこと。

会社からの帰りの時間帯に電車がどうなっているのか、非常に気になるところですが、そんなことは予知能力でもなければわからないですね。サラリーマンとしては、電車が動いていれば、乗って出社しなければなりませんし、特別な指示がなければ定時までは勤めることになります。飲み会が計画されているならば、飲み会に行くことになるでしょう。

そんな中で気になっているのは、管官房長官が大雪で電車立ち往生した件で不快感を示したというニュース。

もちろん現場レベルでは大変な苦労があって、乗客からもJR職員の対応は賛美されるほどだったようですが、そもそも立ち往生が発生しないようにするためにはどうすべきだったか?というのが、疑問視されなければならないでしょう。

先ほども書いたとおり、サラリーマンは上からの指示がなく、電車が動いていれば、機械のように電車に乗り出社し定時まで勤めるってのが、社畜としてのあるべき姿です。となれば、上からの指示があれば、あるいは、電車が動いてさえいなければ、電車に乗ることもない。立ち往生した電車の中に居ることもない、というか、電車の立ち往生も起きないということになるんじゃないか。

ぜひとも明日の大雪に備えて、官房長官は国土交通大臣に進言して、明日の電車を止めて欲しいですね。
そうすれば、日本のサラリーマンは、ホントに、マジで、真にやむを得ず、出社できないですからね。いやぁ、本当は会社に出社したいんだけどさぁ、電車がさぁ、止まっていたらさぁ、行きたくても行けないんですよ。えぇ、マジデ。ホント。
だから、月曜日の朝から、上からの指示で、日本国政府というスーパートップからの指示で、電車止めちゃいましょうよ。
ガンガン最大級の不快感を示して。JRのエライ人に最大限の忖度をさせて。電車止めちゃいましょうよ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記